FC2ブログ

PAGE TOP

極萌え@エッチな告白・体験談

投稿されたエッチな体験談をご紹介します
最新記事
このRSSは極萌え@アンテナサイトが管理しています。
お薦め
PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[乱交体験談] イブの乱交

はじめまして。沖縄からです。
 去年のクリスマスイブに、恋人のいない4人の友達同士で遊ぶ事になりました。自分(28・人妻と不倫中)、男友達A(28・彼女いない暦約3年)、女友達B(27・彼氏いない暦約一週間)、女友達C(28・バツ1、子供無し)の4人。

イブの一週間前に連絡を取り合って、お互いその日にパートナーがいなければ気晴らしに4人で遊ぼうという事になりました。4人は高校の同級生。卒業してからも、よく集まって飲んだりしてる友達です。もちろん今まで飲んだりカラオケに行ったりとその程度。まさかあんな事になるとは…。

 イブの朝、4人ともフリー状態。じゃあ集まろうって事になって、午後1時過ぎに○浜の駐車場に集合、友達Aの車で北部へドライブ。夕方6時ごろ戻ってきました。
 けれど、右も左もカップルばっかし…。
 これからどうする?という事になって、カラオケ行って思いっきり発散しよう!と、すぐ近くにあるカラオケに行きました。
 2時間ぐらい4人で歌いまくり。4人とも酒とカラオケで寂しさもストレスも発散…だったはずなのに、次どうする?って事になって、女友達Bが、「今ごろ ○○原のホテル街凄いはずねえ~、見に行こう!」という事に。4人ともハイになってたので「OK!!」でそのホテル街にGO!…。

 9時前だというのにどこのホテルも満杯で、しかも待ちの車が一杯うろうろしてました。
 30分ぐらい冷やかしで自分たちもうろうろしてたんだけど、女友達Bが「ムカツク~、自分たちもどっか入ろう!」と」言い出して、残りの3人「何言ってる~、バカか」って感じだったんだけど、結局それから更に30分くらいうろうろして運良く空き部屋があったので4人で入りました。
 女友達Bは「中で、もう一回飲みながら歌おう!」って言って一人でビール飲みながら歌いまくり…
 あとの3人は歌わずにビールで乾杯してました。

 3,4曲歌い終わった後に友達Bが突然服を脱ぎだし、「イブの一週間前に別れるって信じられる?」といいながら、ついに下着まで脱いでスッポンポンに…
 正直言って、その時4人ともだいぶ飲んでて、かなりハイになってました。いつもおとなしめの男友達Aと女友達Cも、カラオケにいるときからいつもと違っておしゃべりだったし、歌も歌いまくってたし。
 でもさすがに友達Bが全裸になった時は、友達Cが「あんた、ちょっとお~やめてよ~」と静止しようとしたんだけど、Cも酔ってニヤニヤ笑ってる。自分と友達AはいきなりBの全裸を見せられて唖然…。だって、友達づきあいをして初めてだったんですから。しかも明るい部屋の中で全裸…。
 その時、キレました。自分もみんなの前で服を脱ぎ「やろうやろう」って。そしたら友達Aも「じゃあ俺も」と裸に、Cはニヤニヤ笑ってて脱ごうとしない(Cはバツ1で、結構落ち着いててお姉さんタイプ)。
 女友達Bが「あんたも脱げ~、みんなで脱がせ~」って言って俺とAが脱がしにかかったんだけど、「や~~」とか言いながら逃げてる。
 結局3人で脱がして4人ともスッポンポン!

 今まで、友達としてHな感情抜きで付き合ってきた4人がそのとき初めてすごい状態になって…
 後は、4人で大乱交!。
 めっちゃこうふんしました。
 最初はお互い男がソファーで女友達にフェラチオしてもらいました(その時Aが仮性包茎である事をはじめて知った)。
 自分はCに、友達AはBに…。

 Aのちんちんを咥えていたBが「あんたのちんちん、ちょっとくさい!洗ってきて!」と言い、Aはシャワーへ。その間、BとCにちんちんをもてあそばれ爆発寸前…の所にAが戻ってきてフェラ再開。咥えられながら男2人は、「Bってフェラうまいなあ~」、「Cも想像してたよりおっぱいずっとおっきい!!」と興奮状態。交代して男が女に奉仕。でもすぐに我慢できなくなって2人とも挿入。4人とも異常な盛り上がりでフィニッシュしました。

 イッタ後、呼吸が整うとBが自分のちんちんをフェラしてきて、パートナーチェンジしてすぐ2回戦突入!
 でも、一回目でゴムをそれぞれ一個ずつ使ったのでもうゴムが無かったのです。
 そこで「もうゴム無いから生でいい?」とお互い確認し、「外で出してね」とOKをもらい生で挿入。隣がバックでつながってるのを観ながら自分たちは騎乗位で…。隣が正常位になり自分たちも…。

 でもいつもより酒が入ってたせいか、イキそうな感覚がいつもとちがってて、「ああ、そろそろ出る。抜かなきゃ」と思ったときにはすでに射精して中に思いっきり…。
「出しちゃった、ごめん」ってBに言ったら、「今日は気持ちいいからいいよ。アリでオッケー!」って…。

 隣のAとCはちゃんとお腹に出してたけど、再びパートナーチェンジでAがBのあそこを舐めてたとき、「おまえ中に出したんか??」ともろバレ。
 自分に突かれてたCも「うっそ~、マジ?」ってBに聞いたら「今日は生が気持ちいいからアリ~!!」って笑ってました。

 その後、Aも無事Bの中にフィニッシュ。
 自分も、勢いでCの中にドクドク…。
 Cも「もう、今日はいいよお~」と許してくれて…。

 3回戦の後、4人とも寝ちゃったんだけど、途中で目が覚めてCのおっぱいをそっと吸ってたらCも目を覚まして、2人ソファーに移って4回目。
 この4回目が一番良かった(もちろん中出しでした)。

 朝になってAとBが寝てるのを起こして一人ずつシャワーを浴びてホテルを出ました。4人ともその日は仕事だったんだけど、みんな休んじゃった。みんな無口でなんか複雑な気分のまま別れました。

 今月、4人で新年会をする予定なんだけど、自分とAは密かにまた期待してます。
[ 2016/01/06 21:45 ] ♂複数・乱交体験談 | TB(0) | CM(0)

[ロリ不倫体験談] 彼氏持ちのロリ眼鏡との不倫体験

26 :えっちな18禁さん:2012/12/20(木) 21:50:15.43 ID:epX8XBIN0
これってヤれるかな?
俺:28歳妻子持ちの単身赴任。フツメン。森山未來に似てるって言われる。
相手:同じ会社の25歳彼氏あり。140cm台のロリメガネ。きゃりーぱみゅぱみゅ似の黒髪ロング。彼氏とはうまくいってたりいってなかったり。
関係:飲み会で何度も彼氏の相談話を受けて、その延長でウチで二人きりで飲んだ&シャワー浴びて泊まっていった経験あり。
俺のことは信頼しきってて、酔うと彼氏との普段のプレイ内容まで説明してくれる。

んでまた相談&泊まりに来る予定。
どうなんだろ?究極の安全パイに思われてるだけ?

29 :26:2012/12/21(金) 00:23:55.23 ID:/8ieAWsI0
ホントにいけるか不安だから更に詳細。寝取り経験なんて全くないしチキンだからスマンw
オレの方が年上だけど入社は向こうが先だから、普段話すときはお互い敬語。
相手(Kさん)は普段は真面目だけどノリはかなり良い、周りから可愛がられるタイプ。
ただ飲むとその真面目が取れてはしゃぎまくる。そうなると会社の肉食系が群がってくるから、エスコート役にまわってるうちに今の関係になった。
ただ彼氏のデレ話がハンパないし、オレは会社ではハメ外さないマジメ君で通ってるから、手出して「そんな人じゃないと思ってたのに」とか言われるのが怖いんだよね。


34 :26:2012/12/26(水) 07:08:52.65 ID:jG11p1FT0
結果報告…ヤッちまった~初不倫
しかもまさかのKさんから押し倒された
妻のモーニングコールで起こされた自己嫌悪な朝だ


36 :26:2012/12/26(水) 21:17:37.80 ID:jG11p1FT0
>>35
ごめん即書こうとしたらスマホがアク禁食らった
仕事から帰ったし、明日休みだからkwsk書かせてくれ
相談に乗ってほしい事もある


37 :26:2012/12/26(水) 21:33:15.27 ID:jG11p1FT0
ここの住人って、事の最中までリアルに書くのと、
さらっと結果だけ書くのとどっちが良いんだろう?
今から書き溜めるから、その間に聞かせてくれるとありがたい

ちなみに俺は非モテだから、ちょっと童貞みたいな描写になるけど勘弁
というか何もかもが初体験すぎて、今日一日放心状態だった・・・
とにかく誰かに聞いてほしいから一生懸命書くわ


40 :26:2012/12/26(水) 22:54:57.49 ID:jG11p1FT0
>>38
>>39
マジサンクス
参考になれば、の目線で実体験を細かに書きます
もうちょっと待ってて

41 :えっちな18禁さん:2012/12/26(水) 23:30:04.80 ID:svf2tFcU0
>>40
おK。パンツおろして待ってるぜ

42 :26:2012/12/26(水) 23:47:31.62 ID:jG11p1FT0
>>41
あぅ、風邪ひかせたくないから忠告しとくと、
書き溜めはまだメインにたどり着いてなくて、ちょい前のエロ話のところだ。
完結は下手すると明日AMに伸びるかも。
俺長文レスするの初めてなんだ。頑張ってるけどマジスマン。
さわりだけでも投下した方が良いか?

43 :26:2012/12/27(木) 00:41:46.04 ID:37upUMy00
ようやくメインに差し掛かったから、一旦投下する

話すためにまず補足
Kさん彼氏:34歳。なのでKさんと9歳差。同じ会社の違う部署。
去年まで俺とKさんは同じ部署だったが、Kさんが部署異動になったから今は3人違う部署。

俺は彼氏さんとは仲良くて、一緒に昼飯食うし週2、3通はメールもする。
Kさんが彼氏さんに惚れて、1回フラれたけど猛アタックして彼氏さんが頷いたパターン。
交際期間は半年だったはず。ちなみに前カレは33歳で8歳差だった。Kさん完全に年上好き。

俺とKさんがサシで飲むようになったのは、酒の好み(ビール嫌いでカクテルが一番)と
トークの話題がかなりシンクロすることにお互い気づいて面白かったから。
俺としては恋愛感情は無く、いわゆる女子会みたいな感じで友達感覚だった。

44 :26:2012/12/27(木) 00:45:07.84 ID:37upUMy00
んで当日に至る前だけど、実は俺はヤリたい気持ちがしぼんでた。
というのも前回カキコミ後に飲み会があって、俺は彼氏さんと一緒に出席。
その前日、Kさんからメールがあった。
「彼氏さんが他の女子に手出さないか見張っててくれませんか?」

Kさんは付き合い始めから、『彼氏さんには他に好きな人がいるけど妥協してKさんと付き合ってる』って疑ってる。
うわやっぱりゾッコンじゃん、って思いつつ、指示どおり彼氏さん観察。

45 :26:2012/12/27(木) 00:45:44.94 ID:37upUMy00
飲み会後、Kさんに何にもなかったですよメールを送信。
「ホントに見張ってくれたんですね!やっぱ俺くん頼れる~w
 今日、彼氏サンタにプレゼントもらったんですよ、エヘヘ
 めっちゃ幸せです!今度見せますね~」

この返信で俺は『頼りになるエスコート』ポジションなんだろうと確信。
と同時にKさんは『可愛い義妹』みたいな感じに落ち着いた。
だから次のサシ飲みも、Kさんの彼氏デレ話&恋愛相談を聞きつつ、
後でオカズにしたいからエロトークいっぱい聞かせて、ぐらいの気持ちで挑むつもりだった。

46 :26:2012/12/27(木) 00:46:43.68 ID:37upUMy00
そして当日夜、アパートにKさんが来た。
会社は次の日が休み、だったんだけど、俺は仕事上1日ズラす羽目に。
「俺くんも休みだったら良かったのにね」と連呼するKさん。
『飲み明かしたい』の意味で聞いてたけど、後で真意が分かったときは焦った。

乾杯して、最初は彼氏さんのプレゼント話やデート話が続く。
俺は聞き役に徹してひたすら同意してる。
そうするうちに最初の氷結ストロングが効いてきた。Kさんエロリミッター解禁。

47 :26:2012/12/27(木) 00:47:27.77 ID:37upUMy00
Kさんがエロトークしやすいように、まずこちらからぶっちゃけ話を仕掛ける。
俺「酔って忘れてくれるなら話しちゃいますけど・・・」
Kさん「忘れる忘れる!なになに~??」

この流れをうまく活かしていけば、Kさんから少しずつエロ話が出てくる。
何よりこれまで腹を割った相談を受けた仲。内容がストレートだ。
「彼氏さん優しいから必ずゴム付けてくれるんですけど、最近ヒリヒリ痛いんですよ。
ゴム外してくれても良いのになあ」
「私、濡れにくくて・・・」
酒も入りどんどん加速していくKさんのぶっちゃけエロトーク。
こうなるとエスコートしてた甲斐があったなあって感じる。

48 :26:2012/12/27(木) 00:48:37.47 ID:37upUMy00
しかし飲み会の度にハイテンション→肉食系に狙われるの構図なので、
エスコート役としてはKさんの体(性的な意味で)を心配する。

俺「Kさん女子力ハンパないんですから、自覚しとかないと危ないっすよ」
Kさん「あたしマジ誰にも狙われないから!そう言ってくれるの俺くんだけだよ~」
俺「Kさん狙わないとかありえないですよ。だって危ないことありませんでした?」

すると突然Kさんのトークが止まった。
Kさん「どうしよう・・・相談してもいい?」
ん?何かあったのか??「ウチらの仲じゃないっすか~」と明るく促す。
そしてビックリ。「あたし半年前、Tに襲われて・・・」

49 :26:2012/12/27(木) 00:49:42.19 ID:37upUMy00
マジか!!
ちなみにTは俺の1コ下の後輩で、美人妻&子2人持ちのイケメン。
そして俺と同じくKさんのエスコート役、と俺は把握してたのだが。

Kさん「T、家庭的なムード出してるけど、実は肉食系なんですよ。
前の会社の3次回でウチにみんな来て、Tがあたし潰れたの介抱してくれたんですけど、
記憶飛んで次に起きたら、あたし裸でTが横で事後処理してて・・・。
次また会社で飲み会あるんですけど、エスコートに来られるの怖くて」

俺の義妹はエスコート役のはずのTに食われてた。ショック。
やっぱりイケメンが得する世界なのかと落ち込みつつ、その後もKさんの悩みを聞き続ける。

50 :26:2012/12/27(木) 00:50:57.30 ID:37upUMy00
Kさん「だから本当にエスコートしてくれるのは俺くんだけですよ。めっちゃ優しいし」
エスコート冥利に尽きつつ、エロ路線に軌道修正していく。

俺「ビンゴ大会で電マ当たりましたよね。あれ、彼氏さんと使ったんですか?」
Kさん「使ってないよ!!つーか俺くん、そんな目で見てたの~?」
俺「いや、彼氏さんそういうの好きそうに思うんですけどね」
Kさん「彼氏さんは手派、かな。それでイカせてくれるのが幸せでヘヘヘ」
俺「あ、聞いてみたかったのが、潮って吹きます?あれウソですよね~」
Kさん「あたしもそう思う!試したけどあたし吹かなかったよ」

書き起こすとすごいトークしてるなこれw

51 :26:2012/12/27(木) 00:54:29.08 ID:37upUMy00
ここでお互い風呂に入った。覗こうとしたけどスキ間が無くて断念したのはお約束。
そういえばバッグから替えの下着が見えたが、上下グレーの地味めのパンツ&ブラ。
明らかに勝負下着じゃない。改めて俺は安全パイ扱いだと信じた。

湯上りにカクテルで仕切り直し。
ロリ体系でメガネっ娘で普段マジメだけど実はエロ。
このスペックが無くても、俺はKさんは普通に可愛いと思ってる。
俺はいつも素直にソコを褒めている。

俺「Kさんって常時モテ期ですよね。こっちは数少ないモテ期を活かさないと
結婚できませんでしたけど」
Kさん「何で自分をそう捉えるんですか~。ていうか私モテませんって!」
俺「いや、本当にそろそろ自分の武器、把握しないとまた危ないですよ。
Kさんに抱きつかれたりしたら、俺だって我慢ムリっすから」

これが引き金になってしまった。

52 :26:2012/12/27(木) 00:55:55.34 ID:37upUMy00
なんとなくKさんの声のトーンが変わった。
Kさん「・・・ホント?俺くんだったら大丈夫ですよきっと」
え?って思いつつ、俺はコタツにザコ寝しながら、斜め前にいるKさんを見てた。

俺「いやマジ無理ですって。Kさん可愛いんですから誰だってやられますよ」
Kさん「・・・試してみます?」

53 :26:2012/12/27(木) 00:56:49.55 ID:37upUMy00
え!?ちょ、何この流れ!?
俺は素直にKさんを褒めてただけなんですけど・・・

Kさん「ギュってしちゃおっと」

Kさんが抱きついてきた!!
ヤバイ!理性が飛ぶ!!
俺「いやいやいやいやホント無理っすよヤバイですマジで!」

そしたらKさんが完全にエロ撫で声で一言。
Kさん「ガマンできなかったら、ガマンしなくていいよ」

もう俺のエスコート業は限界突破。速攻でKさんのちっぱいを鷲掴みしてた。

54 :26:2012/12/27(木) 01:01:26.81 ID:37upUMy00
書き溜めストックここまで。
書き溜めるのは時間かかるけど、投下するとものの数分なんだな。
眠いけど頑張ってまた溜める。気長に待ってて。

55 :26:2012/12/27(木) 01:48:46.70 ID:37upUMy00
続き。

「はぁぁん!」
俺が鷲掴むと同時に、Kさんが弾けたように喘ぐ。二人ザコ寝状態で俺はKさんのちっぱいを揉みしだく。
「ガマンしたらぁ、んっ!ストレス溜まっちゃいますよ?あんっ!」
そう誘われるともう止まらない。空いた手ですべすべの背中をまさぐるように撫で回したあと、
ブラのホックを外してたくし上げ、ちょこんと立った乳首に吸い付く。
「んんんっっっ!!」Kさんがビクンビクンのけぞる。

56 :26:2012/12/27(木) 01:50:33.93 ID:37upUMy00
めっちゃ硬くなってる乳首を舌先で転がしながら、ふと頭をよぎるこれまでの話題。まさかKさんはヤリマン?
Kさんはハアハア息を荒げながら、酔っているのでうわ言のように話す。
「Tに無理やりされたのは本当に嫌だったけど、俺くんは優しいからお礼です。彼氏さんには内緒ですよ?」
いや、こっちだって誰にも言えるわけない。バレたら離婚だから。
「はぁぁぁ~・・・もっとくっついて下さい」Kさんが更に抱きついてくる。

57 :26:2012/12/27(木) 01:52:58.44 ID:37upUMy00
しかし俺はこんなの初めて過ぎて、脳裏に嫁さんやら、今が終わったあとの事が浮かんでくる。
俺脳内「これ以上は不倫、っていうか既に不倫??でもここで止めたら気まず過ぎるだろこれ・・・」
よって決心。とにかくする事はして、あとの問題は死ぬ気でアフターケアしよう!!

決意新たに、硬くなりきったKさんの乳首を指でコリコリしながら、ついにパンツの中に手を入れる。
「んっっっ!あぁあっっっっ!!」Kさんの喘ぎ声が一層大きくなる。アソコはぐっしょり濡れていた。


59 :26:2012/12/27(木) 01:55:19.57 ID:37upUMy00
ザコ寝しながら愛撫は続く。俺はクリトリスを優しくかつ早く、指のお腹でこする。
「はぁぁぁああんっっ!!!そこ、そこダメぇぇ!!」ますます愛液が溢れてくる。
しばらく乳首とクリを攻めたあと、指を1本、中に入れる。
「ふぅぅん!!!」中は熱い。Gスポット近くのザラザラの感触を確かめながら、指を出し入れする。
「ひあっっっ!!あっ!ああっ!」Kさんが声を荒げる。
ところが数分後、あれだけ濡れてた入り口がいつの間にか乾いてる。ここで把握。Kさんは濡れにくいんじゃなくて、乾きやすいのだ。

60 :26:2012/12/27(木) 01:59:10.77 ID:37upUMy00
すまん・・・眠気と目のショボショボが限界だ
相談したい内容も関わるから、今日は風呂入って寝させてくれ
昨日のプレイ後、3時間しか寝てないんだわ
明日の中で必ず帰ってくるから、また聞いてほしい


63 :26:2012/12/27(木) 10:34:10.29 ID:37upUMy00
みんなありがとう。ちょっと続き。

「やっぱ濡れにくいんですよね、アハハ・・・止められそうですか?」
え~と、こんなチャンス二度と無いだろうし、止めたらとっても気まずいですよ?
そして閃いた、というかちょっと賭けで提案。「・・・ローション使ってみます?」

Kさん「えっ?そんなの持ってるの?用意周到だね」
俺「ウチの嫁も濡れにくい時があって、まあ」
Kさん「じゃあ・・・うん」
提案成功。Kさんを寝室に移動させつつ、俺は別室にあるオナホの横のローションを取りに(ry

64 :26:2012/12/27(木) 10:36:00.74 ID:37upUMy00
二人で布団に入る。
Kさん「へぇ~、こんなパッケージしてるんだ」
露骨な見た目のペペじゃなくてよかった。ありがとうソフトオンデマンド。

って、Kさんの距離が近い近い。ずっと俺にひっついてる。声のトーンもずっとニャンニャン口調だ。
顔は紅葉して目も潤んでる。「わぁ・・・どうしよぉ。何かこれぇ、エッチぃよぉ?」小悪魔だ。俺の知らない小悪魔が居る。

65 :26:2012/12/27(木) 10:37:38.29 ID:37upUMy00
Kさんが俺の手をぎゅっと握って見つめてくる。俺は急に緊張して、目の前のKさんから目を逸らす。
Kさん「俺くん可愛ぃ~。ねぇ、私で良かったですか?」
俺「えっ、あ、そりゃ可愛いですから、まあ・・・」
ドキドキとオロオロで言葉が見つからない。モテ経験の無い男の土壇場なんてこんなもんだ。

少し気を落ち着けて、Kさんの方を見ようとした、瞬間。
Kさんが覆いかぶさってきてキス。しかもかなりディープに。きゃしゃな手で強く押さえつけてきて、息継ぎできないくらい。
Kさん「えへへ・・・俺くん、好きぃ」


67 :26:2012/12/27(木) 13:25:39.15 ID:37upUMy00
飲んでた最中の話で「彼氏さんは言葉攻めに弱いんですよね~」と言っていたKさん。
Kさん「俺くんの乳首ぃ、すごい勃ってるよぉ?触っちゃお~」
いや、言葉攻めというか、ロリっ娘がそう迫ってくるとまるでAVの世界だ。そりゃ誰でも堕ちるだろう。

Kさん「キスマーク付けちゃお。あ、安心して下さいね?あたしのキスマーク、すぐ消えちゃうんですよ。
一晩限りのプレゼント、もらっちゃって下さい」
と言ってKさんは俺の胸板にチュッチュッと吸い付く。もちろん嫁とのエッチでもキスされるが、跡がついた事なんて無い。
キスマークなんて都市伝説程度に捉えてる。へえ~キスマークって一晩で消えるのかぁ。そんな風に考える最中も、
Kさんは俺の胸の上に寄り添い続けてる。

68 :26:2012/12/27(木) 13:27:11.50 ID:37upUMy00
「好き。好き。好きぃ」俺の胸板に顔をこすりつけながらKさんは連呼する。
ここまでのニャンニャン言葉攻め。ならこの「好き」も言うなれば『love』じゃなくて『like』の意味だよね。

と、Kさんがちょっと顔を強く押し付けてきて、この日一番の切ない声で言った、気がする。
「○○くん、好き・・・」

普段は苗字で俺を呼ぶKさん。○○は俺の名前だ。
え、言葉攻め、だよね・・・?確かめたくてもKさんは胸の中。顔は見えない。


72 :26:2012/12/27(木) 21:56:18.29 ID:37upUMy00
サーセン!ちょっと事後処理というか対応してた
ちなみに書き溜めは進めてるが、まだ完結してないw
投下始めます

73 :26:2012/12/27(木) 21:57:33.32 ID:37upUMy00
少し時間が止まる。静寂をごまかすように俺はKさんの顔を腕で包んで頭を撫でている。

「えへへ、好きっ!」
ぱっとKさんが顔を出し、さっきのlike口調に戻った。そしてプレイ再開。
あれはひょっとしてまさか『love』だったのだろうか?分からない。

「あたし、酔っ払いすぎるとその・・・シたくなっちゃうんですよ。しかも俺くんあたしのこといっぱい褒めてくれるし。
彼氏さんとか誰も、私のこと面と向かって可愛いなんて言ってくれないけど、俺くんいつも真剣に褒めてくれるから。
スイッチ入っちゃった状態でそんなに言われたら、妻子持ちだって分かってても、ガマンできなくて・・・ごめんね」
確かに酒+カッコイイって言われたら男もシたくなる。しかもエロトーク全開だったし、なおさらか。

74 :26:2012/12/27(木) 22:00:51.49 ID:37upUMy00
でも次の一言が今も引っかかってる。というかKさんの寝返りでうまく聞き取れなかったのだ。
「同じ部署にいた頃に私が見てたの気づきませんでした?」

間違ってなければ、Kさんはこう言ってた。その時はプレイに夢中&焦っていたから気にしなかったが、
終わった後で冷静に考えるとこの一言は重要すぎる。もし台詞が合ってるなら、さっきの『好き』とこれは告白だ。
でもその頃って、俺Kさんに嫁へのプロポーズ相談してたじゃん。結婚報告もしたじゃん。出産報告もしたじゃん!!
好きな人が自分にひたすら恋愛相談してたことになる。気持ち知らなかったとはいえ、それ最悪だよ。。。
だから今後のお互いのためにも、ここは聞き間違いであってほしいなと今も思ってる。

75 :26:2012/12/27(木) 22:04:37.25 ID:37upUMy00
でも混乱させる台詞はどんどん出てくる。脚本なんて無い事実なのに、書くとドラマみたいに見えて切ない。
「あ~あ、だから俺くんも明日休みだったら良かったのにぃ。そしたら朝まで、その・・・ね?」

最初にKさんが連呼してたのってコッチの意味だったの?嘘でしょ!?
そうすると前にお前らがレスしてくれた内容はほとんど合ってる。すごいなお前ら。

「明日、どうしても(会社)出ないとダメぇ?」Kさんがうるうるボイスで聞いてくる。
「・・・知ってのとおりで、監査休むと部署が減点されるんでヤバイっす」
お前らゴメン。俺は仕事も恋愛もハットトリックできないディフェンシブだ。俺に決定力を求めないでくれ。
家庭というゴールを守るにはゴニョゴニョ・・・

76 :26:2012/12/27(木) 22:08:10.50 ID:37upUMy00
「だよねwその方が俺くんらしいし、良いんだぁ」
あきらめたようにKさんがため息したあと、おもむろに俺の息子をさすってきた。ヤバイ気持ち良い。
俺も反射のように服に手を突っ込み、生乳を手のひらで包むように掴む。小さいのにめっちゃ柔らかい。
「んっ!!!」Kさんがビクンッと跳ねる。胸や体が小さい人は敏感なんて言うけど、Kさんは本当に敏感だ。
そしてお互いにそれとなく、お互いの服を脱がして全裸になった。

77 :26:2012/12/27(木) 22:11:15.36 ID:37upUMy00
チラッとKさんの体を見る。2つの小さな山に勃起しきった乳首。小さな体でもちゃんとしたくびれ。
そしてひょっとすると毛も生えて無いんじゃないかって密かに気になってた下は・・・普通に生えてた。

お互いに布団に入る。またKさんからキス。俺は条件反射で無意識に腰に手を回す。
あ、ヤバ。裸同士だから肌が密着して、Kさんのちっちゃな体の、スベスベと柔らかさが全身に伝わってくる。
たまらなくなってこっちから唇を強く押し返す。「んん・・・」Kさんから吐息が漏れる。

78 :26:2012/12/27(木) 22:13:15.09 ID:37upUMy00
俺はKさんを抱き寄せるように、左手は肩から背中、右手は腰からお尻の割れ目、太ももを手の平で往復するように撫でていく。
「はあ・・・はぁっっ・・・んはぁっっっ!」Kさんの息づかいがみるみる荒々しくなっていく。

少し経って、今度は左手はKさんの頭を抱き寄せてナデナデしながら、右手は柔らかいお尻を全体を撫でるように、
でも割れ目を意識して攻めるように円運動を始める。「んっんっっ!!何これ、こんな優しいエッチ初めてぇ・・・んんっ!!」

女性は手で激しくテクを披露されるよりも、女性の全身を包むように自分の体を密着させて、
撫でるような愛撫で安心感を与えていく方が満たされるのだ。
妻との夜を熱くするために反復してたアダム徳永と宋美玄が、こんなところで発揮されようとは・・・

79 :26:2012/12/27(木) 22:15:51.82 ID:37upUMy00
いやいや、もちろんこっちはKさんを虜にするつもりは無く、もうそうやって愛撫するのが日課のようになっている。
だから全体をしばらく撫でて主要部を置き去りにしたあと、じらした性感帯を一気に攻めるのも無意識だ。
「んぁあああああんん!!!!あ゛あっ!!はあああん!!!俺くんのエッチって、何かすっごい熱い・・・」

そして乳首を口に含んでペロペロしながら、右手をKさんの繁みへ伸ばす。さっき乾いた割れ目は泉のように濡れてる。
「そこ弱いからダメぇ・・ぁああっっっ!!ダメ、ダメダメダメっっっっ!!!」優しくボタン連打する感じで、
クリを中指の先でトントン攻める。さらに指を1本入れてピストン開始。「んあ゛あ゛!!!」声がどんどん大きくなるKさん。
しかし続けるとやっぱり膣が乾いてきた。

80 :26:2012/12/27(木) 22:17:54.64 ID:37upUMy00
ここでローション登場。指先になじませるように垂らす。Kさんは初めてらしく、ドキドキした目でこっちを見てる。
いざ挿入。「はんっっっ!!ああっっ!!!すごいっ・・・ヌルヌルするねこれっっ・・・んんっ!!」
効果はばつぐんだ。これなら息子の挿入もスムーズだろう。「はぁっ、俺くん、俺くん・・・!」
Kさんもそろそろみたいだ。俺はゴムに手を伸ばそうとする。

だが問題発生。

 勃 た な い。


82 :26:2012/12/28(金) 00:21:22.11 ID:PwZQlrxV0
俺の息子を愛撫しようとしたKさんも、しぼんでいる事に気づいた。
「んっ??俺くん、まだ緊張してるでしょー??」
そこからKさんの手コキが始まる。「してほしいなら、口でもしちゃうけど・・?」ハイよろしくお願いします。

「ジュブ、グブッ、ん、ふぅ」アゴが痛くなるから普段は大変、って言ってたKさん。
その小さな口に収まってしまうぐらい、俺の息子は萎縮してた。
でも一生懸命フェラしてくれるKさん。その健気なシチュに萌えて、息子はだいぶ回復した。

83 :26:2012/12/28(金) 00:22:01.34 ID:PwZQlrxV0
ようやくゴム装着。でも気を抜いたらまたしぼみそう。何で??

急いでKさんの中に挿れる。「はぁぁぁんん!!っっんはぁ・・・入ったね」
いや、でもまだしぼみそう。両肩を抱きしめるように密着してピストン開始。

「んっっんっっ!!!俺くんのぉ、はあっっ!!動いてる、よぉ・・ああっっ!!!」
ヒートアップしていくKさんのヨガリ姿。しかし・・・反比例してしぼんでいく息子。
どうした!?腰を激しく動かす俺。でもとうとう、縮んで息子が抜けてしまった。


85 :26:2012/12/28(金) 00:23:01.27 ID:PwZQlrxV0
落ち着け。冷静に分析しよう。どうして息子がしぼんでしまうのか?
○時計見たらもう2時半。かつ最初にKさんに押し倒されたのが1時。時間経ち過ぎて眠くなってる。
○Kさん泥酔だけど、同じ量付き合ったんだから俺も泥酔。機能しなくなってる。
○緊張したり焦ったりすると勃たなくなるって本当なのね。
○俺は背徳感での興奮よりも、妻への懺悔感が勝ってしまうタイプみたい。

・・・条件揃ってる~。

86 :26:2012/12/28(金) 00:23:38.09 ID:PwZQlrxV0
「俺くん理性が勝ってるねぇ~アハハ。今日はもう止めときます?」
いや、ここで止めては男がすたる。男には絶対に負けられない戦いがあるのだ。
というかKさん、いったん挿れた時点で理性は敗退済みですって。

「いや、出さないとたぶん収まらないんで、ハハ・・・」とごまかして再戦へ。
Kさんの一生懸命フェラによって息子復活。そして挿入へ。

87 :26:2012/12/28(金) 00:24:39.89 ID:PwZQlrxV0
だが、しぼむんですよこれが。ええ。うぅ・・・

萎える原因がまだあることは分かった。Kさんの喘ぎ声が大きすぎるのだ。
彼氏×彼女なら、喘げば喘ぐほど嬉しいに決まってる。だがこちらは不倫の真っ最中。隣の部屋に聞こえてはマズイのだ。
しかしヒートアップしたKさん「あ゛あ゛あ゛あ゛んんんっっっっ!!!!」ヤバイよヤバイよ聞こえるよコレ。
更にKさんの膣っていわゆる上向き屈曲型。挿れにくく、息子がしぼめば容赦なく入り口で弾かれる。

88 :26:2012/12/28(金) 00:25:18.76 ID:PwZQlrxV0
「やっぱ、いろいろ初めてで緊張しすぎてるみたいっすね・・・すいません、ハハ・・・」
今まで付き合った人数も1人だけの俺。非モテでディフェンシブに過ごしてきた俺にはハードルが高すぎたようだ。

後戯のように俺はKさんの頭を胸に抱き寄せるながら撫でる。時計を見るともう3時半だ。
敗戦確定だし、今日はもう寝ましょうかモードに持っていこうとした。
ところがKさんの小悪魔モードが解けていない。「・・・出さないと収まらない、って言いませんでしたっけ??」
Kさんが手コキしてくれる。これにはもう驚きじゃなくてむしろ感謝だ。癒される。

89 :26:2012/12/28(金) 00:26:33.66 ID:PwZQlrxV0
「イケない時は最終手段で、口でしますから。スッキリして下さいね?」
正直言うとKさんの口の中に出したかった俺。でも口中射精はKさん苦手みたい。
イケないフリして口に出せたらなあって思ったけど、Kさんの癒し手コキであっという間に射精感が押し寄せて発射。
出た、というか自分でもびっくりするぐらい飛び散った。「わっ!すごい!!俺くんめっちゃ出たね!」
よく見たら枕元まで飛んでるw何だかんだ興奮はしてたんだな俺。

90 :26:2012/12/28(金) 00:27:23.03 ID:PwZQlrxV0
事が終わってピロートーク。Kさんは相変わらず俺の横にピトっと寄り添う。
だが俺に容赦なく押し寄せる賢者モード。この場合「疲れたから寝る」じゃなくて「不倫やっちまったぁぁぁ」の方だ。

「・・・ちょっとぉ~、俺くん空気重いよ。大丈夫ですよ気まずくなんかならないですから」
確かに次の日からKさんにどんな顔して会おうとかの心配はしてない。
Kさんの普段の明るいノリなら多分普通に会社でも話しかけられる。
問題はKさんがまだグイグイ『抱いて!』モード全開なことだ。
今抱きしめたら「今後もKさんと不倫したい!」のOKサインになってしまう。
我に返ればお互いこれ以上の不倫はやめた方が良い。・・・でも寄り添うKさんの体柔らかいよぉぉぉ

91 :26:2012/12/28(金) 00:28:40.21 ID:PwZQlrxV0
抱きたいのを必死にこらえつつ、何気ない会話で服を着るのを促す。
カリオストロのルパンがクラリスを突き返した時の気持ちがよ~く分かった。
そして布団の中で世間話しつつ、お互い寝落ちみたいな感じで就寝した。

ここまでで1日目終了。長編書くって大変なんだなw
でも2日目のこともまだ話したいから、明日書いて大丈夫か?というか書かせて下さいごめんなさい
ちなみにここまでで、俺が相談したいことって分かってくれるか??分かった人はすごい。


93 :26:2012/12/28(金) 07:10:46.56 ID:PwZQlrxV0
思えば時間無いから答え書くと・・・キスマーク残ってるんだよorz しかも4つ。そして明日から嫁&娘が来るんだ。
いつも3人で風呂に入るから、明日の夜までに消えてないとアウトなわけでかなりヤバイ。

ただググった内容をあれこれ必死に試してて、キスマークは今朝まででうっすらレベルまで消えてきた。
だから相談内容はちょっと変更で、「キスマークを指摘されたときの上手い言い訳」を一緒に考えてほしいんだ。も3人で風呂に入るから、消えてないと

94 :26:2012/12/28(金) 07:16:45.89 ID:PwZQlrxV0
なんか文末おかしくなったなスマン
ちなみに一緒に風呂入るのは、娘まだ1歳だから俺が湯船で抱っこしてる間に嫁が洗うって構図だから、入らないって選択肢は不可なんだ。
嫁に「あれ?これどうしたの?」って言われたときの上手い言い訳考えてほしいです。


98 :26:2012/12/28(金) 19:27:35.73 ID:PwZQlrxV0
ただいま。スマホがやっぱりアク禁される・・・

>>96
>>97
サンクス!大掃除案すごく良い!今日ちょうど大掃除だったw
え?でとぼけておいて、「あぁ!キャビネット運んで強く打ってさ」がベストだな。

>>97
他でも同じことやってるかは分からないが、年上に惚れやすそうなのは間違いないかな。
前カレの時に「彼氏がいなかったら惚れてたかもしれない」って人が2人いたの聞いたから。

99 :26:2012/12/28(金) 22:32:28.24 ID:PwZQlrxV0
2日目。Kさんが布団に入ってきた衝撃で起きた。6時15分。見るとKさん、鼻をかんでる。風邪ひいてしまったらしい。
Kさん「ごめんなさい起こしちゃいましたね」俺「大丈夫ですか?」Kさん「あ、もともと風邪気味だったんで大丈夫です」
小悪魔が去り、口調はいつものKさんに戻ってる。でもかなり眠そうだし風邪きつそう。

「げほっ、げほっ」Kさんが咳き込んで、俺は思わず背中をさすろうとする。
って、しまった。なに密着してんだ俺。ガマンしてたのに自分から柔らかいの触ってどうするんだ。
鼻先にKさんの頭。シャンプーとKさんの交ざった匂いが伝わってくる。
やばいー、したくなってきたー。睡眠で性欲が充電されてるー。

100 :26:2012/12/28(金) 22:34:03.06 ID:PwZQlrxV0
耐えようとして思わず手をピタッと止める俺。
Kさん「ん?どうしたんですか?」俺「本当に今日休みだったら、多分またシちゃってましたねこれ・・・」
何素直に答えてんだ俺。「フフ・・・ですよね」Kさんが優しく笑う。

その少し微笑んだままで、じっと上目遣いでこっちを見つめてる。ヤバイ。素人でも分かる。これは「いいですよ」のサインだ。
俺脳内「シたいけど、シたら我慢した意味ないし、でもシたいし、でもお互い相手がいるし、あ~でもシたい~~~」
そのとき『ピリリ!ピリリ!』と携帯。ビクッとしてKさんから離れ、携帯を取る。俺脳内「げっ、課長!?」

101 :26:2012/12/28(金) 22:35:25.83 ID:PwZQlrxV0
めったに掛かってこない課長から、ありえない時間に着信。慌てて部屋を出て応対。ドラマかよこれ。

電話終了。Kさん「I課長?」俺「はい、荷物探してるけど見つからないとかで」Kさん「めっちゃ出社早いですねw」
あ、何布団に戻ってんだ俺。いきなりの着信に動転してた。近い近いよKさん。
やばいー、したくなって(以下同文)。無限ループって怖くね?

しかしジレンマを遮ってまた着信。また課長に助けられたのか?

ディスプレイ『 妻 』

102 :26:2012/12/28(金) 22:36:31.45 ID:PwZQlrxV0
げぇーっっっ!!!静かにかつ俊敏に俺は布団を抜ける。隣の部屋で心を落ち着けて応答。
妻「おはよ!起きてた?北は雪積もってるけど、そっちは大丈夫かなと思って」
午前7時。外を見ると確かに周りが白い。俺「あ、確かに渋滞するわこれ。ありがと!早めに出るよ」
通話終了。不倫の朝のモーニングコール。だからドラマかよこれ。

誰かに見られてるような変な気分になりつつ、そっと寝室を覗き込む。Kさんはすうすう眠ってた。
風邪だし寝てないんだし、このまま休ませてあげよう。俺は仕度を始めた。

103 :26:2012/12/28(金) 22:37:37.01 ID:PwZQlrxV0
支度中、ふと思い出したフレーズ。『あたしのキスマーク、すぐ消えちゃうんですよ。』
そういえば俺、キスマークって本物を見たことないな。どんな感じなんだろう?でも消えてるんだよね?鏡へ移動。

「あ、これがキスマークか。こんなにくっきり・・・え、こんなにくっきり・・・???」
めっちゃ残ってんじゃんキスマークorz 3日後に妻が来るんだぞオイ・・・どうする俺!?

でもこれでKさんを責めるのは大人気ない。ググって速攻で直し方実践して、後で笑いながら報告することにしよう。

104 :26:2012/12/28(金) 22:39:38.80 ID:PwZQlrxV0
50分後、仕度が終わるころ、Kさんが起きてきた。「ごめんなさい寝ちゃった。あ、もう時間ですね・・・」
俺はKさんに朝食と鍵の掛け方を説明してカバンを担ぐ。「じゃあ、あったまるまで居ていいですからね」
部屋を出ようとする俺。これで次会うのはいつだろう。ちゃんと普通に話せるかな。考えが頭をよぎると、足が止まって向き合っていた。

するとKさんが何も言わず、苦笑いしながら俺の胸を、おでこでこつんと小突いた。
それは「大丈夫だよ」にも「そんな顔しないで」にも「寂しいね」にも聞こえる、無数の言葉を込めたような返事。
そして微笑んで「いってらっしゃい」。Kさんに見送られて俺は会社に向かった。

105 :26:2012/12/28(金) 23:12:43.69 ID:PwZQlrxV0
だいたい以上です。あとは会社で「妻ゴメン・・・でもKさんの体柔らかかったなあ」
と脳内リピートしてたり、Kさんとメールしてたりしてた。

でもぎこちないのが嫌だったからメールで「つーか手出してスイマセン!!」って結局謝ったw
変に話題を反らすよりもその方が俺らしいって思われるはずだし。
返信は「私も酔いの勢いにまかせて、無責任な行動すいませんm(__)m」だった。
俺「あ、そんなに責めないで下さいね。気持ちとしては『でもごちそうさまでした』ぐらいなんでw」
Kさん「そう言ってもらえると気持ち軽くなります。じゃあ、こちらこそごちそぉさまでしたw」
う・・・萌えるなこの義妹。

106 :26:2012/12/28(金) 23:29:39.20 ID:PwZQlrxV0
でも切ないんだ。実は俺は次の2月か3月に会社を辞める予定。家の都合で実家に戻るんだ。
まだ会社の誰にも言っていない。もちろんKさんも知らない。あと60日か90日でみんなとお別れ。
お世話になった先輩とかにどう挨拶しようか考えてたのに、ここで女性問題に悩むとは思ってなかった。

Kさんは、気の合う飲み仲間、兼、単身赴任のオカズのつもりだったのだが。
今は終わりの日にどう精算しようかで悩んでるわ俺。

107 :26:2012/12/29(土) 00:11:25.86 ID:jUT11+5V0
お前らの意見も基にKさんについて予測。間違ってたらツッコミよろ。
Kさんは俺のことは恋愛対象に入るけど、嫁がいるから諦めて別の人を好きになってた。でも親身にされるうちに好きになった?
しかし惚れっぽい性格。ひょっとすると他の人とも寝てる可能性はある。

んで俺の気持ち整理。そりゃKさんとHはしたい。また迫られたらたぶん我慢できない。
でも俺のマジメな性格は抜けないらしい。常に「不倫イクナイ妻ゴメン」が頭にある。それでどうせ勃たない。
でもどうせ会社辞めるなら思い出作りもしたい。けどそれってKさんのためにならないよな。
せめてもしKさんビッチの可能性あるなら、辞めるまでにそれは修正してあげたい。Kさんの幸せのためだ。
んで会社辞めるのいつKさんに話そう。でも家に呼んだら絶対また迫られるよな。Hしたいんだから良いじゃん。いやダメじゃん。

はい全然整理できてません。ごっちゃごちゃ。誰か助けて。
あ、ちなみにキスマークはほぼ消えました。今日本で一番キスマークの消し方に詳しい男がここにいるぞ。


110 :26 ◆j2ouwJSK02 :2012/12/29(土) 12:11:10.31 ID:jUT11+5V0
あれからいろいろ考えたけど、案外>>109の考えみたいに割り切ってスパッとした方が良いのかもな。
きれいな終わり方、みんなが不幸にならない終わり方とか深く考えてたが、そしたら俺Kさん好きになりかけてるわヤバイ。
近いうちに忘れなきゃいけない相手なんだから、深入りせずに明るく爽やかに、だな。

よし。とりあえずトリップ残して何かあったらまた相談する。みんなサンクス。
嫁が来るまでに巨乳モノでオナヌしてすっきりするわ。


114 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/01/07(月) 22:00:53.36 ID:fRQyLHYt0
みんな明けましておめでとう。
Kさんとは年末に何度かメールしてるが特に進展無し。
一応そのメールではお互い「また今度」的な切り返しはしてるが、向こうのは社交辞令なのかな。
向こうからメールが来るまでメールしないつもりだったが、何か焦って今日メールしてしまったwんで返事無し。
メールの内容マズったかな・・・
そして俺だが、なんと現在ED治療中。
スレも枯渇してるし、需要あればこぼれ話の詳細書いてくよ。今週は妻娘が一緒だからペース落ちるが。


116 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/01/07(月) 23:14:32.14 ID:fRQyLHYt0
>>115
レスサンクス。というか正直話し相手が欲しかったからレス嬉しい。素直じゃなくてごめん

いや、正しくは「前回の一件でED予備軍だって気づいた」って所で。
去年バンコクのマッサージ(風俗ではない)でかなりきわどい所攻められても勃たなかったし、
 ※ハンドジョブやブロウジョブされるとカッチカチだったが
おとといAV見てオナヌしても半勃ちフィニッシュだったのが決定的。体力不足&脳がエロ慣れし過ぎてるらしい。
そんで勃起不全スレ参戦して、書いてること全部試してる。スクワットのしすぎで足パンパンだ。

117 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/01/07(月) 23:21:51.37 ID:fRQyLHYt0
あ、Kさんからメール返ってきた。
文面しくじったかの不安とは裏腹に、デコメだらけの女子力全開メールで早速萌えさせられた。
ちくしょう、可愛いよこの人・・・
あとは彼氏へのグチ&落ち込みメールだったから、同意&慰めの返信で終了。
本心は「次いつやります!?」って聞きたいところだけど、それだとがっつきすぎだよな?
向こうから飲み会やりたいって誘ってくるまで待つつもりだが、ひょっとして向こうも誘い待ってるってのはあり得る?

118 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/01/07(月) 23:27:23.89 ID:fRQyLHYt0
>>111
姫はじめは妻中田氏だw
別の相手やAVだと勃たないのに、妻だと抱き合ってるだけでギンギンになるんだよな。
というか書いて思ったけど、それが一番健全なんだよな。
何でセカンドエンジョイのためにED改善してるんだろ俺・・・


121 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/01/08(火) 00:26:22.30 ID:ve21U1KO0
スマホより
>>119>>120
レスサンクス…だがここは寝取りスレだから胸に刺さるw

んでKさんとメールしてて結局、
「なんかこうやって語り合ってると、こないだやったばっかりでもまた飲み語りたくなってきますね(汗絵文字)」
って遠回しに誘っちまった…俺の駆け引き下手めorz
もしこの誘いに乗ってきたら速攻通販でレビトラ買うわ。


123 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/01/08(火) 21:41:47.71 ID:ve21U1KO0
>>122
昨日の最後の返信が「彼氏さんの前だと何もできなくなるし、作戦会議は必要かと・・・(合掌デコメ)」
だったから、その言葉を信じて昼休みにお誘いメールした。
そして現在、未だ返信来ず・・・。悩んでるのか??それとも彼氏さんの予定を確かめてるだけか?

一方フライングしてバイアグラの通販完了wいや、EDはちゃんと治したいしね。


127 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/01/09(水) 19:32:11.99 ID:YLy7fBTY0
>>124>>126
お、真面目なレスありがと。俺が感じるのはKさんは「酒が入ると人格が変わる(奥深くの本性が出る)」タイプかな。
普段の仕事態度(世間話も含めて)は真面目そのもので、あの一夜の姿はまるで想像できないレベルだ。
現にまだ返信来ないし、今はきっと我に返って自問自答してる状態なのかなと。

前回の会話内容はかなりはしょってるけど、お互い本心は「Hはしたいけど体裁上はっきりは言わない」だと思う。
俺は俺でずっと真面目で貫いてきたのが、仕事とか育児でストレス蓄積したところに女性の快楽知っちゃってタガが外れちゃってる状態かも。
ずっと続く関係なら抑えてるけど、リミットが決まってるからっていうのが尚更かな。
嫁には結婚前に浮気されたことあるし、当て付けじゃないけどそういう気持ちも後押ししてるかもな。

エロスレで真剣に語ってごめんな。

129 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/01/09(水) 22:15:22.32 ID:YLy7fBTY0
>>128
「やらずに悔やむより、やってから悔やめ」
俺の大好きなキャプテン翼の岬くん父の格言じゃないかw
というか俺も先週まで同じフレーズを考えてたww

しかしやっぱり返信来ないんだわ。
向こうも「部屋に来る = またHしちゃう = 不倫悪化」って考えて冷静になったのかもな。
いいよな。関係が終わるならそれが健全だし。バイアグラも全て嫁に向けられるってことで一件落着だ。

べ、別に何故か失恋みたいな気持ちになって落ち込んでなんかいないぞ!


131 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/01/09(水) 23:58:58.07 ID:YLy7fBTY0
そうやって慰めてくれるのはお前だけだ。愛してるぞ>>130
何度携帯のメール読み返しても、誘ってる文面だったんだがな・・・

まあ、無いなら無いで元の生活に戻るだけだな。
何かあったらまた連絡するよ。


133 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/01/10(木) 00:42:33.14 ID:oceKKdmO0
>>132
その優しさにキュンとしてしまった俺はいったい・・・
お前、恋愛上手だな。

ちなみに今、Kさんとの本来の約束である「彼氏さんに自分をもっと見てほしい・惚れてほしい」テクニックについて調べ中。
彼氏さんはかなりの放任主義、というか結婚したくないの?ってぐらいKさんを放置プレイしてる。
一方のKさんは惚れ過ぎて想いが届かなくて、少しヤンデレ入ってきてる。(俺は傷心から襲われたのかな)でも確かキッカケは彼氏さんがKさんを押し倒したはずで。
Kさんは普通の友達状態だとモテるオーラ出てるのに、恋人同士になるとアプローチが激化して突き放されるパターンなのかな。

今となっては本人に伝える機会があるのか分からん分析。ただ約束したお願いだし、更にAmazonして何か1冊合いそうなの探してみるか。

136 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/01/10(木) 07:50:47.47 ID:oceKKdmO0
>>135
おお、ほぼ当たってる。あんた本当にすごいな。惚れていいか?

彼氏さんの実家は確かにお金持ちなんだよ。んで性格はゆったりマイペースで、サッカーと競馬が大好きでKさんはそのあとみたいな感じ。
(但し前カレは逆に貧乏だったから、大人の雰囲気にまず惚れたみたいな感じだが)

Kさんは確か彼氏さんのお母さんに気に入られてたな。
俺の書き方が下手というか前回のレポはエロい人好みに要約してるから、
普段のKさんはお世話になった退職者に自腹でプレゼント買ってくるような本当に健気な子なんだよ。
お酒が進むと魔法がかかっちゃうだけなんだよな。だから俺もそっちを信じて恋愛相談に乗ってる。


139 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/01/10(木) 19:33:51.47 ID:oceKKdmO0
>>137
いろいろ忠告ありがとな。俺が書いたレポのKさん部分を読み返すと確かにただのビッチに見えるなこれw
実際のKさんとはちょっと違ってるかな。人のニュアンスを忠実に書くって案外難しいんだな。

まあでも確かに「いくら泥酔したとはいえ、大好きな彼氏がいるのに別の男を押し倒したのはどうして?」って所は俺にも分からない。
抽象的に表すなら『病んでる』が合うよな。そして俺も気が変わりやすいもんで、H抜きで良いからその病んでる部分をフォローしてあげたいってのが今の気持ち。
どうしようもないお人好しとして捉えておいてくれ。一度関わった事は放っておけない性格なんだ。


143 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/01/10(木) 21:39:56.73 ID:oceKKdmO0
>>138>>142
うん。確かに俺のこぼれ話や脱線もスレチになり始めてますね。スマソ。
みんなのアドバイス一つ一つをしっかり受けて、あとは自分で判断します。

でもここに帰ってきた時は、またHしてしまった時か・・・


---


199 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/15(月) 07:30:33.50 ID:hZbvSTfm0
相談事があって久々に来てみた
…けど、話しがたい流れだな
相談オンリーだと荒れるかな?


204 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/04/15(月) 20:18:20.02 ID:hZbvSTfm0
まずこれまでの経過をざっと。

①12月末:家でKさんと飲んでHまがいまで。
②1月末:また家でKさんと飲んで、最後までHした。
この時Kさんの気持ちを確かめたところ、俺に惚れてしまったとの事。でも俺はKさんの将来を思ってフッてしまった。
③2月頭:ところが俺がKさんの事を好きになってしまった。
④2月末:Kさんに「気になりだしてる」と伝えるが、「もうダメだよ・・・」と軽くフラれる。
⑤3月:ダメ元でKさんを家に誘ったら「4月頭に」と何故かあっさりOK。
⑥4月頭:家で飲んだ。寝る時に指マンまで行ったが断られた。但しKさんは泥酔していて記憶無し。
そして来週土曜日にまた来てくれる予定。多分これがラストチャンス。

というわけで、最後になるかもしれない宅飲みを、玉砕覚悟で攻撃に出るか、諦めて良い友達ENDに持っていくかで悩んでる。
これだけじゃ分かりづらいから、重要ポイントの詳細は連日書き込みます。
もちろん見返りとして、①~⑥の体験談はそのうち書きますので。

205 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/04/15(月) 20:21:23.99 ID:hZbvSTfm0
あ、①は前回カキコした内容だ。スイマセン。
あとラストチャンスなのは、5月いっぱいで会社を辞める予定だからです。
スケジュール的にその次は無理っぽい。

あと携帯が毎日アク禁食らうから、書けるのは夜だけになりそう。

209 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/04/17(水) 22:56:44.76 ID:YiPVpW0T0
>>208
名前のとおり>>26から詳しく書いてますよ?

210 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/04/17(水) 22:58:02.53 ID:YiPVpW0T0
悩んでる内容を先に相談して、そのあとで体験談を書こうとしたが、やっぱりあらすじを話してからじゃないと伝えづらいな。
よし、頑張って②から書いてみる。
今日はたぶん途中で終わるけど、そのうち最後まで書くのでカンベンして下さい。

時間は>>133まで戻る。Kさんの彼氏さんの攻略会議を1月末にやることが決定し、その教材を準備していた。
今もそうだが、この時の俺のKさんに対する気持ちは「相談相手として支えたいが半分、でもヤリたいも半分」のどっちつかず。

俺は過去に、プロポーズ後に寝取られ破局→復縁して結婚という修羅場を乗り越えており、その時にお世話になった本達を引っ張り出してきた。
これらはホレさせるとかのテクニック本じゃなくて、男/女で考え方はこう違うとかの心理学本。
そこにもう1冊、女性向けでAmazonで高評価だった本を付け加えた。
そして当日くまなくアドバイスできるように、それらの本を熟読していた。

211 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/04/17(水) 22:59:31.24 ID:YiPVpW0T0
と、その攻略会議=飲み会に備えてもうひとつ準備したものがある。ED治療薬だw
前回勃たなかったことに自信を無くしていたため、ED改善スレを熟読した俺は病院へ・・・じゃなくてネット通販をクリック。
バイアグラが有名だが、勉強した俺が選んだのはバリフというジェネリック薬。30分で効くしアルコールに左右されないし安い。
バイアグラって案外高いし不便なのだ。気になった人はED改善スレへGO。

212 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/04/17(水) 23:01:03.14 ID:YiPVpW0T0
時は過ぎて宅飲み当日、Kさんが家に来た。
しかし会って乾杯して数分後、Kさん号泣。理由は会社で、共通の知人3人がそろって結婚して取り残された気分になったとの事。
特にそのうち2人は彼氏さんと同い年。さらにKさんの同期女子はみんな結婚しており、婚期を焦るKさんに対し彼氏さんはドライで絶望していたのだ。

「大丈夫です大丈夫です!バッチリ上手くいく本用意しましたから!」と頭を撫でながら、俺は本の説明に入った。

213 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/04/17(水) 23:02:19.76 ID:YiPVpW0T0
話す内容はAmazonで買った本をメインにした。というのも、この本に書かれている失敗例がまるでKさんそのもの。
とにかく彼氏への依存性が強く、近づく女友達はみんな敵と思うのはもちろん、男性交友すら気にする束縛っぷり。
そしてケンカやすれ違いが発生すると、別れたくないのに試すつもりで「別れた方が良いのかな」と切り出す暴走行為。

まさに重たい女子。でもそういう人に限って自覚してなかったり、分かってても制御できないことを本は示していた。
「これらさえ自覚して、柔らかく接していけば彼氏さんの態度も変わりますよ」と諭すように俺は伝えていく。
Kさんの「でも私なんて・・・」という全否定を、逆に全否定してホメ倒す。これが2時間ほど続き、Kさんにも笑顔が戻った。

214 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/04/17(水) 23:03:51.23 ID:YiPVpW0T0
休憩も兼ねてKさんお風呂タイム。一方、俺はソワソワしていた。
ここまで前回と同じく、というか前回以上にHになだれ込むような気配は全然無いが、はたしてHできるのだろうか??
どうにも可能性は低いよなと思いつつ、わずかな期待が無駄にならないよう、Kさんが風呂を上がった音を聞いたと同時に、俺はバリフを飲んだ。

そして俺もサッと風呂に入り、再びコタツに二人で座り、トークを再開した。

215 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/04/17(水) 23:05:44.77 ID:YiPVpW0T0
「今度は俺くんの番ね。悩んでることってなーに?」

今回またHに持っていくために、口実やキッカケとして多少のエロトークは入れたほうが良いと考えていた俺は、事前に「こっちも悩んでる事があって」とメールしていた。
普通のまっさらな男女なら、素直に誘えばすぐHできるかもしれない。しかし、俺は妻子持ち。Kさんは彼氏持ち。
女性がHをするには『理由』が必要と言うが、そんな二人がまた体の関係になるには、それ相応の『言い訳』を用意しないときっと応じてくれない。

そしてカクテルを補充しながら、俺の悩みを切り出す。「実は・・・セックスレスなんです」

216 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/04/17(水) 23:07:40.13 ID:YiPVpW0T0
セックスレスなのはマジ。といっても頻度は1か月に1回で、単身赴任や育児が重なる中じゃ善戦している方なのかもしれない。
しかし、付き合って数年は週2、3回のペースだったし、今もそのペースでオナニーする俺にとってはかなり足りない。

俺「求めても、向こうが子どもと一緒に寝てしまったりでタイミングが合わないんですよね。けっこう欲求不満ですよ。
そーっと胸もんだり、下のほう攻めたりしてトロトロにしてから起こして誘っても、向こうがお風呂入ってないと断られるんですよ」
Kさん「えぇ~、濡れてたりいっぱい触られてたりしたんだったら、普通はHしたいですけどね・・・」

Kさんにも感想を話させる流れに持っていくことで、徐々にそういうムードに持っていく。
ネットでも見たが、女性をその気にさせるには、女性の口からエッチな話が出てくる状況がベストらしい。

しかし時刻は1時を回る。明日はKさんが7時には出発しないといけないため、止む無くお開きにして寝ようという流れになった。


218 :26 ◆j2ouwJSK02 :2013/04/17(水) 23:27:40.81 ID:YiPVpW0T0
このまま寝ればもちろんHはできない。せめて仕掛けられる状況は作らないと…。
少し考えた末、俺はKさんにさりげないフリをして切り出す。

俺「布団、横に並べちゃって良いですかね?話し足りないし、横になりながらギリギリまで喋ってたいかな~って」
Kさん「良いですよ!私も話し足りない」

よし、あとはどう突入するかのみ。


227 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/22(月) 00:24:50.67 ID:56D0zzKY0
ちょっとだけ続きです。

リビングに布団を並べ、それぞれの布団に入り電気を豆電球にする。
Kさん「雪、強まってきたね。積もると困るなぁ」
少し世間話をしたが、前回と違ってKさんからこっちに何かを仕掛ける気配は全く感じられなかった。
とすると、Hしたければこっちから挑むしかない。

俺はとにかく、Kさんの布団に入る口実を探した。俺「寒くなってきましたね。手すんごい冷えてますよ。ほら」
Kさん「うわっ、冷た~い!冷え性?」俺「冷え性じゃないですけど、飲みすぎるとたまにこうなりますかね。足もホラっ」
Kさん「ホントだ冷たいねぇ」これで俺の手足がKさんの布団の中へ。というかKさんと、伸ばした手足を絡ませた状態になった。

228 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/22(月) 00:26:20.95 ID:56D0zzKY0
そして気持ちを探るために一言。「いやKさん温かいっすわ~。いっそ体ごとあっためてもらっていいすか?」

Kさん「アハハハ・・・」

照れ隠しのように笑っている。
嫌がっていないようだ。
俺は意を決して、Kさんの布団に潜り込んだ。

229 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/22(月) 00:27:48.39 ID:56D0zzKY0
「ハハハ・・・」Kさんはまだ照れるように笑っている。
「あ~すっごいあったかい。湯たんぽみたいですね」と俺は笑いながら、握っていた手をゆっくりKさんの肩に回した。

少しお互いに無言になったそのあと、フリーになったKさんの両手が、俺の両頬を包むように伸びてきた。
そしてKさんが目をうるませながら呟いた。「でも俺くん、顔は熱いよ・・・?」

その言葉に反射反応するように、俺はKさんを強く抱きしめる。
抱きしめたと同時に、Kさんの息づかいが少し荒くなり始める。

232 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/23(火) 22:06:20.78 ID:opbxRVw80
続き書きます。

が、ここまで来ても裏腹な俺。もしKさんが彼氏さんの気持ちを優先するのなら、無理やりには犯したくない。
横に抱きしめた状態から、上に覆いかぶさる状態へ移行し、Kさんの上半身を弄りながら最終確認をした。
「ごめんなさい・・・ここまで来たら多分止められないんで、拒否るなら今のうちですよ・・・?」

緊張しながらKさんの顔をチラッと見た。Kさんは顔を逸らして目を瞑っている。
ずっと彼氏さんのノロケ話をしたり、彼氏さんの事を想って泣いたりする、そんなKさんが俺のアプローチを断らずに受け入れている。
まるで分からないKさんの気持ち。俺は混乱も半分だが、Kさんの柔らかい体と女性の良い匂いが腕の中にある今、もう止まらなかった。

233 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/23(火) 22:07:26.22 ID:opbxRVw80
俺は首筋にキスをしながらパジャマに手を滑り込ませ、背中からお腹へと、Kさんの素肌を撫でていく。
Kさんの息がどんどん荒くなっていく。
そして胸元に埋めていた俺の顔をKさんの顔まで移動させキス。Kさんも応えるように唇を押し返してくる。
俺はたまらなくなって、左手でKさんの髪を撫でながら、右腕でKさんを更に強く抱きしめた。
「んんっ・・・!」胸や秘部には触れていないが、Kさんはかなり感じ始めてる。

234 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/23(火) 22:08:04.40 ID:opbxRVw80
今度はブラの上から胸を優しく揉んでいく。感じやすいKさんの体が軽く跳ねる。
右、左とKさんの胸を円を描くように揉み続けたあと、ホックを外して生乳を手で包む。
「ふぅっ、んっ!ああっ!!」乳首を指でコリコリすると、Kさんは大きな声で喘ぎだした。

そしてパジャマの上をたくし上げ、乳首を口に含んで舐め上げる。もう片方はコリコリ続行。
Kさんは全身をよじらせながら感じ続けている。

235 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/23(火) 22:08:51.53 ID:opbxRVw80
残った右腕でKさんの内モモをそっと撫でてじらす。右足から左足へ、股間を通過させると既に熱く湿っぽい。
Kさんの息づかいも既にたまらない、触ってほしいという感じがひしひしと伝わっていたので、パジャマのズボンを下ろしていく。
パンツの上から手を押し付けると、Kさん既にズブ濡れ。すこし上からなぞったあと、ゆっくりパンツの中に手を入れる。

「あっ!!はあっっっ!!ダメェ・・・っっっ!!!」クリを優しく擦ると、ビクンビクンとKさんが反応する。
俺はクリを攻めながら、首筋や乳首を舐めてどんどんKさんを登り詰めさせていく。

236 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/23(火) 22:09:42.04 ID:opbxRVw80
パンツも脱がせてKさんは下半身裸。俺も服を脱ぎ捨て、パンツ1枚の状態。
ここでふと状況確認。前回は役立たずに終わった俺の息子。そういえば今回はどうなってる??おもむろに視線を下へ。

み な ぎ っ て ま す。 かなりギンギン。バリフ買って本当に良かった。

こうなればちょっと余裕が出てきた。前回はKさんに攻められたが、今度はこっちが主導権を握りたい。Kさんをイカせたい。
そして事前に女性カテゴリのスレを読み漁っていた俺が出した選択肢、『クンニだ。というかKさんのアソコを舐めたい』

237 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/23(火) 22:10:49.07 ID:opbxRVw80
俺は乳首を舐めるポジションから、あばら、くびれ、ヘソへと、舌で愛撫する部位をどんどん舌へ移動させていく。
そして恥骨まで辿り着いた瞬間、Kさんが俺の狙いを察した。と同時に俺の顔を押さえ込む。
「だ、ダメっ!!!そこは恥ずかしい・・・!!!」喘ぎ全開だったKさんの表情が、とたんに照れ笑いに変わった。

イヤよイヤよも好きのうちの反応かな?と思い、「大丈夫ですよ、Kさんのここ、キレイでしょうし」と言いながら再トライ。
が、もっと強い力で抑えられたw「本当にダメ!恥ずかしいです・・・」
ここまで拒むってことは、普段のHでもクンニさせないんだろうなあ。断念した。

238 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/23(火) 23:56:03.78 ID:opbxRVw80
体制を立て直すべく、向き合う形でぎゅっとしながら髪を撫で話す。
俺「いや、Kさんに気持ちよくなってほしいっていうか、イッてほしいなって」
Kさん「でも私、Hでイッたこと1、2回程度しか無いですよ」

それは事前の飲みの最中にも話していた。俺の嫁さんはバックで攻めると必ずイク話をしていた時、Kさんはかなり羨ましがっていた。
そして話の流れからすると、Kさんは中イキしたことのないクリイキ派。手で丹念に攻めればイクはず。

俺はKさんをそっと抱き寄せながら、中指で優しくリズミカルにクリトリスを愛撫する。
「んっんっ!!!」Kさんの反応を見ながら、一定のリズムを崩さないように集中して攻める。

239 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/23(火) 23:56:42.65 ID:opbxRVw80
「ああっっっ!!良い感じ・・・イケそうかも、んんっっ!!」Kさんが俺の腕にしがみつき始めた。
よし、このまま攻めればきっと!と思い俺は更に集中する。

しかし10分ほど経過。Kさんは喘ぎ声こそすごいが、まだイかない。緩急をつけようと一旦手を止めた。
そこでKさんが気まずそうに呟く。「あの、大丈夫ですよ?私いつも、帰ったあとひとりで処理してますから・・・」

Kさんの突然のオナニー発言w これはこれで想像すると堪らない。
ただ確かに一生懸命イカせようとする状況で、この長時間経過はちょっと気まずい。Kさんも気遣うあまり、アソコが少し乾いてきてる。

240 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/23(火) 23:57:22.19 ID:opbxRVw80
「じゃあ・・・します?ゴム取ってきますね」これ以上気まずくならないうちに本番へ挑もう。俺は前回同様、ゴムとローションを取ってきた。
ローションを指になじませ、Kさんの膣へ2本指を滑り込ませる。「ひゃあん!ひんやりするっっ!んん!!ああんっ!!」
指を前後するとKさんの反応も準備OK。

そしてバリフ効果でいきり立った息子にゴムを装着し、ついにKさんに挿入。
「んんんっっっ!!!っはあぁぁ・・・」高揚するKさんを抱きしめながら、正常位でゆっくり突いていく。

241 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/23(火) 23:58:00.13 ID:opbxRVw80
体を密着させながら腰を動かし、口は乳首や首筋を舐め、キスをし、髪をかき上げ耳を舐める。
「はぁぁぁん!!!耳弱いの、だぁめぇぇぇっっ!!」Kさんの声が一層大きくなる。

しばらく突いたあと、体制を変えバックへ。特にKさんが興味津々だった、妻が必ずイク体位を再現する。
それは、女性の足は伸ばさせる、そこに覆いかぶさり体を密着させる、左手は恋人握りで手を繋ぎ、右手は頭を撫でる。
そして相手の右手は自らのクリへ手を伸ばさせ、自分でいじらせる。3点攻め&オナニーに近い体制をとるのだ。

いざ激しく腰を前後させる。覆いかぶさる下でKさんがビクビク感じている。
が、Kさんの一言「あああっっっ!!これっ、すごすぎて、どこに集中していいか分かんないよっっっ!!!」

激しすぎて戸惑っているようだw しかも恥ずかしがっているようで、どうやらKさんの右手は動いていない。残念。
そうこうしているうちに、俺の方が徐々にイキそうになってきた。

242 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/23(火) 23:59:40.17 ID:opbxRVw80
「ごめんなさい、そろそろこっちが限界っぽいです・・・」俺は動きを止め、背中越しにKさんに伝える。
「うん、いいよ」Kさんが答え、お互い正常位に向き直った。

再び挿入して腰を動かす。しかし、なかなかイキそうな感じにならない。
実はED治療薬の副作用は鼻づまりや火照りだけでなく、アレが鈍感になる=イキにくくなる、というものもあるのだ。
早漏なら嬉しいことだろうが、あいにく俺は遅濡ぎみ。一生懸命動くが汗だくになり・・・バテたw

243 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/24(水) 00:00:22.03 ID:opbxRVw80
Kさん「大丈夫ですか?(照笑) 休憩します??」
俺「ハハ、大丈夫です。あとちょっとでイキそうなんで」
息が整ったところで再度スパート。再び喘ぎ出すKさんを見つめて興奮するうち射精感がこみ上げてきて、俺はKさんの一番奥で果てた。

繋がったままお互い放心状態になったあと、それぞれ体を拭いて服を着なおす。
「あの、Kさん」あぐらをかきながら俺が話しかけると、Kさんは「うん?」と言いながら、俺のあぐらをソファにするように寝転がった。

244 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/24(水) 00:01:09.17 ID:opbxRVw80
「あの、前に飲んだあの日から俺、毎日Kさんの事が頭から離れなくなってました」
俺がそう堰を切ると、Kさんは切なそうな顔で俺を見上げてきた。

惚れたら終わり、そう考えていた当時の俺はとにかく気持ちをごまかそうとしてたが、Kさんの表情を見てより一層、告白なんてしてはいけないと思った。
「気持ちこんがらがってますけど・・・多分、『好き』とは違うのかなって。大事な妹みたいな感覚なのかなって」
俺は精一杯の嘘でごまかした。「けど、Kさんの気持ちが分からないんです」

245 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/24(水) 00:02:30.32 ID:opbxRVw80
Kさんを見た。Kさんは苦笑いしながら目を逸らしてる。俺は意を決して言った。
「無いって信じてますけど、俺のこと好きになってたりとか・・・ありますか?」

Kさんは目を逸らしたまま沈黙して、苦笑いしながら俺の腕を握って・・・頷いた。

247 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/24(水) 23:14:01.61 ID:ew+qeCKB0
この瞬間の俺の気持ち、それは「やってしまった」だった。
この時の俺は、自分がKさんの事を好きなのを認めずにいたし、同時に未婚のKさんを心まで不倫に巻き込んではいけない。
俺の方もきっと前回のH失敗を引きずってるだけで、ちゃんとHできればスッキリするはず、そう思っていたからだ。

そして今考えると判断ミスだったかもしれないが、俺がとった行動は『突き放す』。
「本当にごめんなさい。彼氏さんを振り向かせないといけないのに、Kさんの事振り向かせて、俺本当にバカですね。ごめんなさい」

Kさんもようやく口を開いた。「大丈夫です。気持ち切り替えますから。女は切り替え早いですよ」
形的に、Kさんがフラれる形となった。これを後になって後悔することになるなんて、このときは全く思ってなかったが・・・

そうこうしているうちに、外の雪で室温も低くなり、とりあえず朝も早いし寝ようという方向に収まった。
俺とKさんは気まずさをかき消すように、ひとつの布団に二人で入って眠りについた。

248 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/24(水) 23:14:53.19 ID:ew+qeCKB0
次の日の朝もそれなりにトークしてますが、大きな展開は無いので割愛します。
以上が>>204の?Aの内容です。
ここから状況は悪化していき、現在の悩みへ続くのですが・・・

249 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/24(水) 23:15:42.51 ID:ew+qeCKB0
>>204の?Bについて。
無事にKさんと最後までHできたし、思い残すことは無い。そう考えていた俺だが、全然Kさんの事が頭から離れない。むしろ前より考えてる。
更にKさんと同じ車を見ると目で追ってしまったり、彼氏さんに会うと少し苛立ちを覚えるようになり始める。

ずっと否定していた気持ちだが、否定すればするほど苦しくなってくる。
「俺、Kさんに惚れちゃったのか・・・?」試しに自分に認めてみると、一瞬で軽くなる胸。
Hしたから好きになるなんて中高生か!なんて思ったりもしたが、気持ちは完全にやられてしまっていた。

250 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/24(水) 23:16:36.42 ID:ew+qeCKB0
こうなると思春期のように、Kさんにメールをせずにはいられなくなる。
何かメールのきっかけは無いか一日中ずっと考えて、見つけた日はKさんに即メールしていた。

しかしKさんにも変化が起きていた。Hする前まではメールの返事は1時間程度で返ってきてたのが、数時間経たないと来なかったり、数日後に来ることもあった。
「あれ、俺、ひょっとして避けられてる・・・?」惚れてしまった途端にこの疎遠。会社で顔を合わせるのは1週間に1回あるかどうかだし、かなり焦っていた。

251 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/24(水) 23:17:41.54 ID:ew+qeCKB0
>>204の?Cについて。
それから2、3週間後、会社の飲み会があり、そこそこの人数が参加しKさんも出席していた。
飲み会はかなり盛り上がり、居酒屋ながらみんな席を立って縦横無尽に動き回るレベル。俺もKさんも例に漏れず飲まされる。
俺はメールで疎遠になっていた事もあって、この飲み会でKさんと話したいと元々焦っていたところに、普段飲まない日本酒が手伝って輪をかけて酔っ払った。

1次会が終わって移動開始となる中、ふと周りを見るとKさんがぽつんと携帯をいじっている。話すなら今がチャンスと思い、Kさんの横へ。
俺「彼氏さん今日来なかったですね」Kさん「あ、うん。実はこのあと迎えに来てくれることになってて」

252 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/24(水) 23:18:36.94 ID:ew+qeCKB0
彼氏さんは恋愛にはかなりプライベート主義な性格で、Kさんと交際している事も誰にも話さないようにしていた。
Kさん「だからここから2km先の○○店に、こっそり迎えに来るんですけど」

そこに行くには繁華街も通るし、Kさんもなかなか酔っていて一人で歩かせるのは危ない。
俺「それ危なくないですか?俺付き添いますよ。彼氏さんが来たら帰りますから」
Kさんは遠いからいいというが、俺にとってはKさんと二人きりで話すチャンスでもある。半ば無理やりだが付き添っていった。

253 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/24(水) 23:19:58.15 ID:ew+qeCKB0
が、焦り+酔いで気持ちにブレーキが効かない。俺は歩きながらガンガン本題に入っていってしまう。
俺「・・・っていうか気になってるんですけど、ひょっとしてKさん、俺のこと避けてるのかなって」
Kさん「そんな事ないですよ!むしろ、前と変わらず普通に接してくれて安心したっていうか・・・」

これで少し判明。俺は何とも思っていなかったが、どうやらKさんは俺のことを『気まずく』感じていたようだ。
2度のW浮気の上、更にフラれたのだから、当然といえば当然なのかもしれない。
しかしうって変わって好きになってしまった俺としては、Kさんの気持ちが離れていくのが切なくなっていた。

俺「Kさん明るいし、俺は普通に話せますよ。むしろその・・・Kさんの事が気になり出してるっていうか」
あっ!?焦りが焦りを生んで、俺は勢いあまって告白してしまう。

254 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/24(水) 23:21:11.56 ID:ew+qeCKB0
しかし、それに対するKさんの答えが意外だった。
Kさん「ダメですよ・・・結婚したらそこで終わり。恋愛なんてしちゃダメです」

えっ、どうして!?この前は好きだって言ってくれたのに??なぜか前回と立場が逆になっている。
待ち合わせ場所に到着したが、混乱して頭の中ぐっちゃぐちゃ。

Kさん「あ!彼氏さんの車来た!じゃあね、ありがと」
彼氏さんの車が見えた。ちょ、ちょっと待って!こんな結論も見えない状態で置いていかれたら俺、みじめすぎるって!

しかし、Kさんを乗せてあっという間に走り去る車。取り残される俺。
こんなの明日からめっちゃ気まずいんですけど・・・。放心状態の俺はひとりでいるのも辛くなり、2次会会場へトボトボ歩いた。

255 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/24(水) 23:42:14.84 ID:ew+qeCKB0
このあと俺からメールをして、2日後に返信が来た。
しかし、どちらも内容は『男女関係の確信』には触れず、また彼氏さんの悩みがあったらよろしくね、みたいな内容で終わっている。

彼氏さんとの待ち合わせ場所に向かう途中で「そういえば俺の事、気にしてます?」と聞いてみたが、「女は切り替え早いですよ」とまた言ったKさん。
そのときは間に受けていなかったが、Kさんはひょっとしたら本当にもう気持ちを切り替えられたのかもしれない。
もしそうなら、俺はまだ未練タラタラなのに、女性の気持ちの切り替えって残酷なくらいのスピードだ。

256 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/24(水) 23:42:49.49 ID:ew+qeCKB0
思い起こせば前にAmazonで買った本はKさんにあげたが、あの中には「不倫は全ての人を不幸にする。誰も幸せになれない」と書いている。
あの日はその部分はもちろん飛ばしたが、Kさんが後日その部分も読んだなら、その文章も気持ちの切り替えを手伝っているのかもしれない。

それでもKさんが俺との関係を修復してくれるのは、Kさんの一番の恋愛相談の相手が俺だからなのだろう。
2人で飲み語りしていると時間があっという間に過ぎるし、どっちも「楽しい!」と思っている。その関係を壊したくないのはKさんもきっと同じなんだと思う。

258 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 01:27:08.68 ID:XXvrlxqZ0
>>204の?Dについて。
そんな中、俺の仕事の目処が立ち、5月いっぱいで会社を離れることが決まった。
そのあとは引っ越して家族で暮らすようになる。単身暮らしで自由に行動できる生活はもう来ない。

やり残したことがあるとすれば、それはやはりKさんの事だ。略奪するような気は全く無いが、もう一度ぐらい思い出は残したい。
しかし、前回の失態が頭をよぎる。誘ったところでKさんはもう来ないんじゃないか?
これまで2連続でHしているのだから、ウチに来る=Hするってことだし、今のKさんにはありえないのでは??

ただ、リミットが迫った今、誘わずにはいられなかった。俺は久々にKさんにメールした。

259 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 01:27:43.21 ID:XXvrlxqZ0
俺『お疲れ様です。辞める日が5月いっぱいに決まりました』
Kさん『そうですか・・・。いよいよですね』

俺はメールの流れで、どうKさんを誘うか考えた。もしKさんが俺のことを気まずいと捉えたままだったら、直球に誘うと沈黙される可能性がある。
なので、メール文に逃げ道を作っておく。
俺『いざ辞めるとなると寂しくなりますね。もう一回ぐらい一緒に飲めたらなあとか思ったり。あ、ところでメガネ買うって言ってたの、どうなりました?」

これでKさんがメガネの話だけに返信した場合は、ウチに来るのはもうNGってことになる。その場合は潔くあきらめよう。

Kさん『メガネはいずれ買う予定ですよ。飲み会、やりましょう!』

260 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 01:28:18.97 ID:XXvrlxqZ0
ん!?スルーされるどころか直球で返事が来た!?
俺『お誘いしても良いなら、日程決めちゃいますけど?』Kさん『決めちゃってもらってOKです!』

さっぱり分からん。Kさんは何を考えているのか。俺をフッたのにHはOKなの??まるで分からないが、とにかくOKしてくれてる。
俺『じゃあ4月頭あたりどうですか?』Kさん『分かりました。予定空けておきますね!』
メールが終わって俺はガッツポーズしていた。Kさんともう一度Hできる!!

261 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 01:29:06.51 ID:XXvrlxqZ0
ようやく>>204の?Eです。長くなってすいません。
時間は流れ4月頭、Kさんがウチに来た。面と向かって会うのも久しぶりだ。

今回の作戦だが、とにかく酔わせる。特に最初のHのとき、Kさんはかなり酔っていたし、それを超えるレベルで酔わせれば打破できるのではないかと考えた。
そう考え、缶チューハイの中でもストロング系のものを多めに用意。さらにスパークリングワインなど、口当たりが軽くて度数が高いものも揃えた。

飲み始め、話題はKさんが、彼氏さんとの2ショット写真が欲しいという悩みに。秘密主義な彼氏さんは写真を一切撮ってくれないらしい。
俺「カップルなら普通バンバン撮りません?ウチでもほら、これだけ撮ってますよ」俺はデジカメや昔のプリクラを引っ張り出してきた。
Kさん「あ~良いなあ。すっごい仲良く写ってるじゃん。ウチらもこういう関係だったらなあ」Kさんはうらやましがりながら飲む。

262 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 01:29:40.32 ID:XXvrlxqZ0
ストロングが次々と飲み干される。というか途中で気づいたが、軽めのカクテルもたくさん用意したのに、Kさんが自らストロング系ばかり開けている。
Kさん、お酒はむしろ弱いはずなのに、わざと酔おうとしている??それはつまり、Kさんもこの後の展開を期待してるって事か?

更に話が進んだところで、俺は冷蔵庫から小さいケーキを取り出す。もうすぐKさんの誕生日だったので、ちょっとしたサプライズだ。
俺「ちょっと早いけど、おめでとうございます!」とケーキを差し出す。
「え・・・!?わざわざ用意してくれたの?ありがとう・・・!」と喜ぶKさん。そしてなんと、俺に抱きついてきた。

263 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 01:30:38.87 ID:XXvrlxqZ0
正座する俺にぎゅ~っと強く抱きついてくるKさん。「ありがとう、すっごく嬉しいよ」Kさんが目をウルウルさせてこっちを見る。
更にKさんの手が俺の耳たぶ、髪に伸びてくる。
Kさん「髪、ワックス付けてるの?耳も柔らかいね、えへへ・・・」Kさんのすごいデレ顔が目の前にある。

これってもう押し倒してOKってことだよな??俺はそう確信するが、踏み止まる。まだ風呂に入っていないからだ。
ウチの妻はお互い風呂に入っていないとHさせてくれない。それが何度もあった俺は、ここで仕掛けるのは早いと思った。

俺「えと、Kさん、お風呂入ったらどうですか?俺もちょっとトイレ行きたくって」俺は躊躇しつつもKさんを離し、トイレへ。
しかし、便座を見て違和感を覚える。掃除したはずのトイレがところどころ汚れてる。「ひょっとしてKさん・・・吐いてる??」

264 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 01:31:26.14 ID:XXvrlxqZ0
慌ててリビングに戻ると、Kさんがグッタリうずくまっている。Kさん「立てない~、うう・・・」
いかん、飲ませすぎた。というかKさんが自ら飲みすぎて自爆している。
俺「あのKさん、ひょっとして戻しました?」Kさん「あ、バレちゃったか、ううぅ」

足元フラフラの超泥酔状態。でもお風呂には入りたがっているので、体を支えて洗面所へ。
風呂のドアを閉めたあとで考える。「大丈夫かなぁ。でもHはできそうだな」Hに備え俺はバリフを飲んだ。

267 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 02:22:11.13 ID:XXvrlxqZ0
俺「すいません、心配なんで今日は横に並んで寝ますね」と言い、Kさんの布団にくっつけて俺の布団を敷いた。まあ元々並んで寝るつもりだったが。

Kさん「気持ち悪い・・・」俺「お腹さすったら軽くなりますかね?」Kさん「かもしれない・・・分からない」
このタイミングで俺はKさんの布団に入り、Kさんのお腹をさする。心配だがチャンスだ。
俺はKさんのお腹を5分ぐらいさすっていた。そしてさすっていた手を徐々に胸に近づけていく。

俺の手はKさんの胸とお腹を往復している。抵抗は無い。そして覚悟を決め、手を『さする』から『揉む』へと移行した。
抵抗は・・・無い。

268 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 02:23:02.71 ID:XXvrlxqZ0
OKサインと捉え、俺はいつもの如く胸を撫でるように揉み、パジャマに手をつっこみ、乳首へと到達して先端を攻める。抵抗は無い。
パジャマをたくし上げ、ブラもたくし上げ、乳首を舌先で転がす。抵抗は無い。しかし、喘ぎ声も上がらない。

何かおかしい。俺は手を止めてKさんを見た。「すう、すう」なんとKさんは熟睡していた。

こ、これって○芝容疑者みたいな事になるのか??でもここで止めたくない。試しにパンツの中に手を入れると・・・濡れてる!

269 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 02:23:39.61 ID:XXvrlxqZ0
眠っていてもKさんはしっかり感じているようだ。そうとなると続きがしたい。俺はなんとかKさんのズボンとパンツを脱がせて、指を入れる。
膣はしっとりと濡れている。これならすぐでも息子を入れられそうだが、まずは前戯を楽しみたい。俺はGスポットを攻めた。

すると「・・・んっ、あっ、はあぁ、ああっ!!」Kさんが目を覚ました。いよいよここからが本番だ。俺は髪を撫でながら近づく。
Kさん「ダメ、ダメなのっ!生理も終わったばっかりだしっ」俺「あ、じゃあバスタオル敷きます?」
俺は立ち上がろうとする。Kさん「違う、そういう問題じゃないのっ」

え?どういうことだ??俺は固まった。

270 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 02:24:54.49 ID:XXvrlxqZ0
わけが分からないが、Kさんのアソコはびしょ濡れ。気を取り直すように、俺はKさんのクリを擦る。
Kさん「あんっ!!ああっ!!ダメ、ダメダメ・・・!!待って!!」

「待って」の声が大きくて、俺は思わず手を止めた。するとKさんが潤んだ目で、俺の口を人差し指で遮るように抑え、話し出した。

「私は彼氏さんが好き。それに、奥さんが可哀想だよ・・・?」

それは、興奮を押し殺すようにKさんから発せられたセリフ。目は潤んだままだ。しかし俺を制している。
どうして・・・?さっき抱きついてきたのはお誘いじゃなかったのか??

271 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 02:25:35.13 ID:XXvrlxqZ0
分からないまま、俺のKさんへの気持ちが切なく膨らんでいく。
俺「あの、気持ち、本当に切り替えちゃったんですか・・・?」俺は思いつめて質問を切り出した。

Kさん「・・・私は彼氏さんが好き」

Kさんは目を潤ませたまま答えた。
玉砕した。Kさんの気持ちがまるで分からないが、Hを拒まれたのは事実だ。
俺「ご、ごめんなさい。こんな事して本当にすいません」俺は慌ててKさんにパンツとズボンを履かせ、自分の布団にもぐりこんだ。

272 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 02:26:16.54 ID:XXvrlxqZ0
その晩は一睡もできなかった。完全に終わった。明日の朝、どんな顔してKさんと向き合えばいいのか分からない。
目をつぶっても眠れず、頭の中をいろんな想いがぐるぐる回り続けるうちに、外が明るくなった。

6時半ごろ、ようやく冷静になってきた俺は、Kさんの体調を心配して朝ごはんのメニューを考える。
というか、Kさんは食欲があるのか?俺は意を決して、Kさんを起こしてみた。

俺「Kさん、Kさん、起きれます?」Kさん「んん、あ、おはよ・・・。携帯どこだっけ・・・」
ドキドキしながら俺はKさんの携帯を取る。Kさん「ありがと。ん?携帯が充電されてる??」

273 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 02:26:56.96 ID:XXvrlxqZ0
ん?携帯を充電したのはKさん自身だが。ひょっとして覚えていないのか?って事はもしかして・・・?
俺「自分で挿したの忘れてます?ってことは、うずくまったり、お風呂に入ったり、歯磨きしたりは??」
Kさん「え!?全っ然覚えてない!!というか私、いつ布団に入ったの!?」

セ、セーフ!?どうやらKさん、途中から記憶を失くしていたらしい。とすると指マンのくだりも覚えていない!?さすがにそれは聞けないが。

274 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 02:27:38.27 ID:XXvrlxqZ0
俺「ヤバかったんですよ。お風呂に連れて行っても目の前で服脱ごうとするし」Kさん「覚えてない・・・」
俺「布団には抱っこして連れてきました」Kさん「覚えてない」どうやら途中からは本能のみで動いていたようだ。

俺「お風呂入る前も、俺に抱きついてきて耳とか触ったり」Kさん「あ、あれはその・・・耳触るの好きなもんで、その」

ん!?それは覚えてるの??じゃあ抱きついたのは故意ってことか?
そこまでは確信犯なのに、Hは拒むとはこれいかに。さっぱり分からない。

276 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/04/25(木) 06:54:31.19 ID:XXvrlxqZ0
というわけで残りを省略しますが、今週土曜に再度Kさんがウチに来ます。おそらく最後の飲み会。
そこで狙えばHできるのか、それとも可能性0だから関係を壊さないように徹するべきか、悩んでおります。

かつてはKさんから押し倒してきたし、2回もHできたし、うまく事を運べば再燃できるのではないかと思うのですが。


---


305 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/17(金) 00:06:24.45 ID:ogTWq7ZJ0
かなり間を開けてしまってすいません。皆さんコメントありがとうございました。
心の整理もかなりついた、というか最後の飲み会も近づいてるので、前回の飲み会について書き始めます。

4月末当日、俺は休みだがKさんは部署の都合で出勤。その仕事帰りにウチに直行してもらって飲み会をスタートした。
夕飯を食べながらチューハイを1本空けて間もなく、Kさんが泣き出した。理由は前日にあった。

306 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/17(金) 00:07:11.45 ID:ogTWq7ZJ0
前日は会社の小さな飲み会で、参加10人ちょいの中に俺もKさんも彼氏さんも出席していた。男女比率は4:6で女が多く、座席は端っこに彼氏さん、その反対端っこに俺とKさんが向かい合わせ。
で、近くの女子とトークで盛り上がる彼氏さんを、ノンアルコールで遠くから不満と嫉妬心全開で見張るKさん。
彼氏さんはKさんと交際しているのを未だ周りに隠しているわけだが、Kさんは「あの人、最初に私をフッた時に『他に好きな人が居る』って言ったから、隠したいのはその人に未練があるんだよ絶対」と怪しんでる。

そして一次会が終わったあとで、二次会は朝まで歌うぞ!と当たり前のように他の女子とカラオケに向かう彼氏さんに、Kさんの怒りが爆発。
Kさんは次の日が仕事だし、俺は俺で次の日の朝から用事アリだったので二次会には参加せず、2人だけ帰宅コース。Kさんがウチまで送ってくれることになったが、車内ではグチの連続だった。

307 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/17(金) 00:09:33.33 ID:ogTWq7ZJ0
Kさん「ほんっとムカツク!彼女に気遣う素振りとか全く見せないし、私明日は仕事だってのに、当て付けのように二次会に行きやがって!」
俺は、口では「俺もKさんが怒ってるの、ずっと気づいてましたよ。俺もKさんの立場だったら、あの態度は無いよな~って思いますよ」と合わせたが、実は内心はニヤニヤしていた。
というのもKさんに惚れてしまってからは、女々しいことに嫉妬の連続だったからだ。週末の夜になるたびに「今頃彼氏さんとSEXしてるんだろなぁ」と落ち込むレベル。
その関係がうまく言ってないのを見ると面白く感じたり、これならこっちにも付け入る隙があるんじゃないか?と期待してしまっていた。サイテーだ俺・・・。
そしてウチに着いて、「まあ、明日はい~っぱいグチ聞きますから、思う存分吐き出しちゃって下さいね」と言って見送ったのが前日のこと。

308 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/17(金) 00:10:31.53 ID:ogTWq7ZJ0
そして場面をウチの飲み会に戻すと、その前日のことがアルコールの力でプレイバックして落ち込み始めたKさん。
そこに俺がとどめで「Kさんがずっと耐えて我慢して恋愛してるの、俺はよく分かってますよ。ホント辛い恋愛してますよ、Kさんは。本当に頑張ってる」と肩をポンと叩いたわけだ。
これによりKさんが決壊したように号泣開始。俺は涙を拭いながら頭を撫でる。狙い通りで内心メシウマな状態に持っていった。

316 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/19(日) 22:20:20.17 ID:cGjldc440
お待たせしてすいません。続き書きます。

俺はKさんを慰め、そのあとも悩みを吐き出させては共感し、アドバイスを出す。
酒もホットカクテルを作ったりして、前回みたいな泥酔状態にならないよう、むしろ安心できるようにもてなしていった。
初めてHの流れにまで持ち込めた、”恋愛の悩み相談をしているうちに、相談している相手に惚れ込む”流れを作るように徹するようにした。

俺「とにかく彼氏さんが慢心して油断してるのは確かですよ。都合良い女になっちゃうと、婚期ズルズル遅れますよ」
Kさん「そうだね・・・。よし、しばらくこっちから連絡取るのは止めてみる!」
なかなか思惑どおりに進んでいた。

317 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/19(日) 22:21:17.55 ID:cGjldc440
そのあとはいつも通り順番に風呂に入ってから少し雑談。
Kさん「でも、俺くんが辞めるまであと一ヶ月かぁ。早いね」
俺「そうですね・・・また会えれば良いですけどね」
お互いに別れを名残惜しむような会話をしつつ、やがて寝る時間に。俺はリビングに布団を敷いた。
もちろん特に何も言わず、さりげなく2枚並べて敷いたが、Kさんは特に何も言わない。HしてもOKの返事と捉えていた。

そしてそれぞれの布団にイン。5分ほど雑談したところで、俺は話を続けながらKさんの布団の中へ入っていった。

318 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/19(日) 22:21:51.11 ID:cGjldc440
とりあえず肩を並べて話しつづけ、そのまま右手をKさんの左肩へ回し、横から覆いかぶさるようにした。

Kさんは話を続けていて、抵抗しない。

よし、Hできる!そう確信して肩を強く抱き寄せると、Kさんも吐息を漏らしつつ無言になった。
俺はいつもの流れで、首筋にキスをしながら背中を優しく撫でる。空いたもう片方の手は髪を撫でるために上へ。
それをしばらく続け、顔を起こしてKさんに口づけを・・・。と、唇が触れたその時、

「んっ、ダメ!!」Kさんがバッと顔を避けた。

319 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/19(日) 22:30:53.87 ID:cGjldc440
「その・・・いけないと思うんだ」
Kさんが目を逸らしながらつぶやく。前回と同じような展開だ。しかし今回はひるまない。
「俺も分かってます。だけど気持ち抑えきれないんです。こっちも酔ってるし、Kさんも俺に襲われたせいだと思って身を任せて下さい」
俺はそう言ってパジャマの中に手を入れ、ブラの上から胸を揉みしだく。Kさんが悶えるように身をよじる。

「ダメぇ、はあっ、ダメだよぉ」そうKさんは口では抵抗するが、俺の手を振りほどきはしない。
これはやっぱりKさん自身への言い訳なのだろう、そう信じて俺はブラをたくし上げて乳首を攻め続ける。

320 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/19(日) 22:43:06.93 ID:cGjldc440
10分ほど乳首を攻めただろうか。皆にレスをもらったとおり俺はKさんのアソコをじらし続けた。
しかしいざ秘部へ手を伸ばした瞬間、初めてKさんの手が俺を掴んだ。「ねえ、ダメだよ・・・」

どうやら本当に抵抗している、のか?顔を見ると、Kさんははっきりと俺を見つめている。
こうなると俺の決心は揺らぐ。前にも書いたが、情けないことにKさんに純粋に惚れてしまった俺としては、Kさんを無理やり犯すことはしたくなかった。

321 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/19(日) 22:46:28.68 ID:cGjldc440
「・・・ごめんなさい!魔が差しただけです。ここまでにしておきましょっか!」
俺は気まずくならないよう明るく声を上げ、Kさんの横に戻って雑談を再開した。

俺「でも何かウチらって不思議な関係ですよね。お互いにパートナーは居るのに、ウチらだけが分かり合ってる部分もあって。
たまたま歯車が噛み合わなかっただけで、もしそれぞれのパートナーに出会ってなかったら、ひょっとして付き合ってた可能性もあると思いません?」
Kさん「何か・・・そうかもね。フフフ」Kさんにも笑顔が戻ってきた。

322 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/19(日) 22:52:17.43 ID:cGjldc440
俺「じゃあ、そろそろ寝ましょうか」Kさん「うん。そうだね」俺はすっかり諦めて就寝モード。
俺「でも最後だし名残惜しいんで、くっついて寝ても良いですか?」Kさん「アハハ。良いよ」
Kさんのお許しを得て俺はKさんの背中へ手を回しくっつく。

その瞬間。

「んっ・・・」何故かKさんが反応した。

323 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/19(日) 22:59:26.40 ID:cGjldc440
え?Kさんひょっとして感じてる??そう感じた俺は思わず、再度Kさんを強く抱きしめる。
「んんっ、はぁ、はぁ」途端にKさんの息が荒くなり始めた。どう考えても感じている。
こうなると止まらない。Kさんの抵抗が及ぶより先に俺はKさんのパンツの中に手をつっこむ。

Kさんのアソコはぐっしょりと濡れていた。

324 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/19(日) 23:00:47.08 ID:cGjldc440
何だよ!Kさんだって理性で必死に我慢してるだけで、体は求めてるんじゃないか!!俺はつっこんだ手をそのままに、Kさんのクリを攻め立てた。
「ダメ、ダメダメダメぇ!!!」Kさんが抵抗しながらビクンビクン感じる。

半分理性が飛びつつも俺は皆のレスを忘れず、とにかくじらすようにクリと乳首を丹念に攻撃し続けた。
そして頃合いを見て、隠しておいたゴムに手を伸ばした。

Kさん「ダメ!本当に止めようよ」またKさんの手がゴムを遮るが、これだけ感じてるKさんにもう説得力など感じたくない。
俺は押しのけるようにゴムを装着する。

325 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/19(日) 23:07:49.03 ID:cGjldc440
そしてKさんにまたがる。が、乾きやすい体質のKさんの愛液が乾いていて入らない。
「あ、ほら、乾いて入らないから・・・」Kさんが諭すように言うが、もうそんな事では止まらない。
俺は焦るようにローションを塗りこんで、いよいよKさんに挿入した。

「んああ~!!ダメ~!!!」久々に進入したKさんの内部は狭く、俺の息子を気持ちよく圧迫する。
これまでの葛藤がようやく叶って、俺は一心不乱に腰を振っていた。

しかし1分も経たずに事件。
「ひぐっ、ぐすっ、うう・・・」Kさんが声を押し殺しながら泣いている。

326 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/19(日) 23:23:44.15 ID:cGjldc440
その瞬間、俺は頭が真っ白になってしまった。Hしたいはずの俺の好きなKさんが、俺の挿入を受け入れたわけじゃなくて泣いている。
「ご、ごめんなさい!!」次の瞬間には俺は反射的にアレをKさんの中から抜き出した。

Kさんは手で顔を覆って泣いている。何も話してくれない。俺は取り返しのつかない事をしてしまったのか?
「ごめんなさい。本当にごめんなさい」俺は横に行ってとにかく頭を撫でながらKさんに謝り倒した。

5分ぐらいの沈黙が続いたあとで、ようやくKさんが口を開いた。「・・・彼氏さんの顔が浮かんだの」

328 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/19(日) 23:34:59.02 ID:cGjldc440
その一言で俺は賢者モードを通り越した、我に返ったような感覚に陥った。

あくまで俺の判断だが、Kさんが俺のことを大事な存在に想ってくれてるのは確かで、だから今日も俺の部屋に泊まりに来てくれた。
そしてあの日Hに至ったのも、Kさんの惚れた気持ちが抑えられなくなっての衝動だったが、後に大きな罪悪感も生んだのだろう。
俺だってKさんと彼氏さんの仲を取り持つ名目でそばに居るのだし、もう彼氏さんを体まで裏切ってはいけない。そんな一線を引いたのだと思う。

それを強引に破ってしまったのだと感じた俺。「・・・俺、もうKさんの前から姿消しますね」自然にそんなセリフが出てきた。

329 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/19(日) 23:46:22.57 ID:cGjldc440
「もう、Kさんのこと困らせたり、苦しませたくないです。連絡ももう取らないようにします」
そうするのが彼女のためだし、当たり前のように感じた。Kさんも納得するはず。しかし、Kさんは無言のままだ。

あれ?違うのか・・・?戸惑った俺の次の台詞は迷いながらのものになった。
「何も言わずに姿消したら・・・怒りますか?」

「うん」無言だったKさんが涙目のまま即答した。

330 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/20(月) 00:02:26.38 ID:Y4q8YCVq0
そのあとの会話内容はあんまり覚えてない。訳が分からずしどろもどろで、ただ気まずくならないように振舞ったのは覚えてるが。
そしてお互いに服を直して就寝。とはいえ気持ちも落ち着かない俺は度々目を覚ましては、Kさんの寝顔を切ない気持ちで見つめていた。

それを繰り返すうちに朝になって、Kさんも横で目を覚ます。

俺「あ、おはようございます」 Kさん「んん、おはよ・・・。ん、寝顔見てたの??」
俺「可愛らしい顔で寝てましたよ(笑)」 Kさん「恥ずいからそんなの言わないでっ!(笑)」昨日の事は無かったように二人とも振舞う。

331 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/20(月) 00:09:37.86 ID:Y4q8YCVq0
そのまま布団の中で1時間ほど雑談してまったりしていた。ただくっついたままなので、Kさんの匂いがしてきてムラムラもする。
俺「あ、昨日話したバストアップのマッサージの話、嫁はそれで最終的に3cm大きくなったんですよ」
Kさん「3cm!?すごいねそれ!」まあ実話なのだが、これはパートナーにやってもらう形式のマッサージだ。

「教えます?さわりだけ」Aカップを気にしてるKさんなら興味ないわけない。
ただウチの夫婦はマッサージのあと必ず発展してHになだれ込むことも話していたので、これは遠まわしのHの誘いでもある。

332 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/20(月) 00:15:11.79 ID:Y4q8YCVq0
「え?あははは・・・」笑ったままで拒否しないKさん。OKらしい。寝て起きて気持ちが変わったのか?
「じゃあ、いきますよ・・・?」俺は背中を向けて寝てるKさんの両脇から手を差し込み、胸の手前で手を広げ最終確認。

「あはは・・・」拒否しないので、緊張しつつKさんの乳房を優しく包んでマッサージ開始。
「こうやって胸を少しずつ引き剥がすようにして・・・」昨日のこともあるので、あくまでマッサージであることを強調しながら触る。
しかし5分も経つと、Kさんは嫁と同じ反応でピクン、ピクンと小刻みに感じ始めた。

333 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/20(月) 00:16:18.11 ID:Y4q8YCVq0
無言のまま、俺はパジャマに手を入れてブラの上からマッサージを続行。ただ乳首も意識して擦るようにマッサージ。Kさんの声が大きくなる。
更に5分経ったところで、ブラも持ち上げて完全に乳首だけを攻撃。Kさんも「あんっ、ああっ!」と完全に感じている。

しかし、そろそろ良いよなと思って股間に手を伸ばすと、同時にKさんの手も伸びてきて「ダ、ダメ・・・」と遮る。
手の力と声のトーンは昨日と変わらず。

334 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/20(月) 00:17:45.47 ID:Y4q8YCVq0
「・・・ですよね!ははは。後は彼氏さんにやってもらって下さいね」昨日の号泣と沈黙がまた訪れることを恐れた俺は、瞬時に明るく身を引いた。
そうしてお互い起きて、Kさんに何気なくシャワーを勧めて俺は布団を片付け朝食の準備。そしてKさんが帰るまで雑談を再開。

しかし、こんな微妙なまま、Kさんの気持ちも分からないまま全て終わるのも嫌だった。
俺「それにしてもこのままお別れも寂しいっすね。5月末、あともう一回やれたらなって思いますけど」
Kさん「あ、最終週じゃなきゃ私大丈夫だよ。やろうよ」

胸まではOKだけどそれ以上はダメ、でもどれだけ気まずくなってもお泊りはOK。Kさんはどういう心境なのだろうか。分からん。

335 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/20(月) 00:23:21.48 ID:Y4q8YCVq0
というわけで最後の飲み会の約束をして別れたのが前回の一部始終です。

>>327
まあヘタレなのだろうが、俺には彼氏を想って泣きじゃくる娘を相手にHを続けるほど、鬼にもなれないよ。
惚れた弱みってヤツなのだろうか。でも、皆ならそんな娘をどうやってその気にさせるんだ?
泣くっていうのは、体の快楽とかテクニックの問題じゃなくて、精神的なものだと思うのだが。

341 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/20(月) 21:17:35.16 ID:Y4q8YCVq0
今Kさんからメール北。

「木曜日、予定通り飲み会やりましょうね。彼氏さんには言ってあるのでコソコソしなくても大丈夫ですよ」

・・・え?彼氏さん公認のお泊り??
これって「やましい事は絶対何もしてこないから信じてね」って彼氏への宣言=Hできる可能性0じゃないか?
やっぱり最終日は良い友達ENDで終わるのか・・・。

352 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/24(金) 22:28:43.85 ID:kdjTHe+j0
全てが終了しました。お互いの一番大事な人のために歩いていこう、と約束して別れました。
だからこちらも妻の方をちゃんと向いて生きていきます。ただ、Kさんとの思い出を色あせさせたくないので、ここに書き残します。
ちゃんと気持ちを切り替えられるように、思い出はここに保存しておいて、後で懐かしくなったら鮮明に思い出せるように。

353 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/24(金) 22:30:50.86 ID:kdjTHe+j0
飲み会の数日前から、俺はあるものを真剣に準備していた。
これまでKさんに、彼氏さんのアドバイスはたくさん話したが、俺の気持ちは話してはいない。
でも言葉はいつか記憶から消えてしまうし、離れれば話すことももうできなくなる。それでも、大事な言葉をKさんにずっと残しておきたい。
だから、今の気持ちを手紙に書いた。Kさんと過ごした数ヶ月が本当に楽しかったこと。自信を持って歩いていってほしいこと。
そして俺の「好き」の気持ちは書かず、遠まわしに、過去とはいえ既婚者の俺を好きになった事をどうか後悔しないでほしいこと。
PCで何度も下書きしたありったけの想いを、便箋にひたすら書きなぐっていった。

354 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/24(金) 22:33:23.68 ID:kdjTHe+j0
そして当日。Kさんが泊まりの荷物を持ってやってきた。ずっと貸していた本も持ってきたのを見て、改めて今日が最後なんだと認識する。

夕飯を食べながら雑談する間、Kさんは寂しそう、というよりは疲れたような浮かない顔をしていた。
Kさん「あ~、土日も会社のイベントだったし、今週疲れたよ。でも昨日は特に疲れた~。」
俺「残業だったんですか?」K「夜中まで、っていうのは合ってるんだけど・・・う~ん。俺くん口堅いし、相談含めて話しちゃおうかな」

ん?何があったんだ?

357 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/24(金) 23:19:06.27 ID:kdjTHe+j0
Kさん「同じ部署の男先輩から恋愛相談されたんだけど、その人は妻子持ち。んで、3年間不倫してるんだって。その相手が私の友達でさ・・・。
友達の子が異動で遠距離になってから、その子が音信不通になって、家族を棄ててもいいから迎えにいきたいんだって。
子どもが居るのに束縛するまでにその子のこと愛してるから、友達も絶対重いはずなんだけどさ」

ちょ、ちょっと待ってくれ。いきなりもうKさんの気持ちが分からん。
重い相談を夜中までされてクタクタな気持ちは分かるが、なぜそんな"不倫"の話題を俺に話すのだ?
確かに俺たちは今まで、お互いの核心部分は「まるでなかったこと」のように触れずに振舞いあっているが、どうしてその話題を??
これは"不倫はいけない事だし私も気持ちは一緒。そして俺に対しても同じ考えです"と試しているのだろうか??

359 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 00:03:58.22 ID:kdjTHe+j0
とにかく何か話を返さないといけない。俺は自分の立場は一旦置いて、あくまで客観的に一般論を返すようにした。
俺「大きな子どももいる立場なのに、それって節操が無いですね。それに具体的なエピソード聞いてると、確かに男の気持ちは重いです」
Kさん「そうだよね。でもいろんな束縛の具体例は、昔の私に似てるかなあって」俺「えーと、否定しません(笑)」Kさん「否定しなさいよ!(笑)」

雰囲気は何とか笑える流れに切り返したものの、こんな話題が出されるのは、もう俺に対して過ちは犯さないという念押しなのだろうか。
それとも純粋に頼れる相手として、別腹な気持ちで俺に相談しているだけなのだろうか。
どちらにしろこんなフレーズが飛び交う夜。俺はもうHのことなど諦めて捨て去って、最後の時間を有意義に過ごすように集中していた。

360 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 00:23:40.22 ID:RC9xQVu60
とにかく話題を切り替えるために、俺はKさんに紙の束を渡した。これまでアドバイスをググっていたHPのまとめだ。
俺がこの数ヶ月聞かされていた、Kさんと彼氏さんとの交際の悩みをもとに、今後のKさんのために残すアドバイスをまとめていたのだ。
そりゃ彼氏さんには嫉妬しているが、俺は既婚者だし、居なくなる人間。だからKさんの幸せを願うなら、切なくても二人をくっつけることだ。

しかし、これを解説している最中にKさんの携帯が鳴る。さっきの女友達からメールが来たのだ。
Kさん「ごっ、ごめんね!せっかくの夜なのに」と言いつつ、メールにせっせと返信を始めるKさん。
人の心配をせずにはいられないKさんだから仕方が無いのだが、さすがに今夜だけは俺のことに集中してほしい・・・。

361 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 00:44:16.92 ID:RC9xQVu60
俺「じゃあメール返信する間、風呂入りましょうよ。そのあと、渡したいものがあるんです」
Kさん「本当にごめんね!・・・って、まだ何かあるの!?私もらい過ぎだよ!」
とにかくメールは完結してもらって、その上でKさんの気持ちを切り替えさせるために、もう手紙を渡すしかないと思っていた。

そして順番に風呂に入り、俺はKさんの前に手紙・・・ではなくてブーケを差し出した。「これまでの感謝の気持ちです」
"どんな女性も喜ぶプレゼントは花束"は鉄則だし、手紙の効果を上げたかった俺は近くの花屋で気に入ったブーケを用意していた。
「わあ・・・ありがとう。良い匂いだね」Kさんも例に漏れず喜んでくれている。ただ、期待していたほどではなさそうだった。

364 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 01:10:49.91 ID:RC9xQVu60
「えぐっ、えぐっ、ふえぇ・・・ティッシュ・・・」Kさんはもう言葉にならない状態で泣きじゃくっていた。気持ちは無事に届いたようだ。
俺はティッシュをKさんに渡しながら横に寄り添い、慰めるようにKさんの頭を撫でた。
俺「頑張ってくださいね。Kさんならもうひとりでも大丈夫だし、何かあれば連絡くれていいですから」Kさん「ありがとう・・・」

俺は手紙の内容を思い出しながら、肩を抱きながら、頭を撫でながら、話し続ける。
俺「こっちからも、たまにメールして良いですか?」Kさん「うん・・・」俺「でも、寂しいですね。お別れするの」Kさん「うん・・・」
何か抑えていた感情が決壊したのだろうか。Kさんはうつむいたまま、「うん」しか言えなくなっていた。

365 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 01:14:10.68 ID:RC9xQVu60
「もう、元気出して下さいよ!じゃないと俺、お別れできないじゃないですか」と、元気づけるようにKさんをぐいっと引っ張ってみた。
するとKさんは、糸が切れたようにドサッと俺の胸の中に入ってきた。そのまままた泣き出す。
俺は無言でKさんを抱きかかえ、頭を撫でて慰めつづけていたが、Kさんは泣き続ける。だんだん俺も切なくなってきた。

「・・・ね?離れたって、いつでも連絡できますから」俺はKさんを起こし、横で顔と顔を寄り添うように、頭を合わせながら話した。
「うん・・・」横目で見たが、切なそうに落ち込むKさん。くっつきあう顔と顔。早くなる鼓動。
俺「元気出して下さいよ。じゃないと、そうじゃないと・・・」もう、こちらの切なさも限界だった。
背の低いKさんのうつむく顔に俺は頭を滑り込ませ、唇と唇を重ねた。

367 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 09:11:22.85 ID:RC9xQVu60
前回は俺のアプローチを拒んだKさん。そしてさっきは不倫を否定したはずのKさん。だけど今、俺とのキスは逃げずに、むしろ受け止めている。
口を離し、少し間を置いては、またキスをする。それを何度か繰り返していた。Kさんはずっと壁にもたれ掛りながら応えてくれていた。

何度目のキスだっただろうか。ふと目が合い、見つめ合う。するとあっという間に、抑えなきゃいけない気持ちがこみ上げてきた。
彼女の心を縛らないため、彼女との友達関係を壊さないため、一生言わないつもりだった気持ち。それが抑えられずにこぼれ出た。
「一生隠し通すつもりでしたけど・・・。俺・・・Kさんが好きです」

368 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 10:17:09.78 ID:RC9xQVu60
「間違ってるのは分かってるんです。もちろん最初はそんな気なんて全く無かったし。
だけどKさんの相談に乗るうちにKさんの良いところをたくさん知って、そんなときにKさんが身を委ねてくれて・・・」うつむくKさんに俺は必死に話す。

「嬉しかったんです。それで好きになってしまって。だけど、Kさんに突き放されて(>>254)、Kさんは気持ち切替えたんだろうなって」
俺は、Kさんは切替えているのに、こっちがズルズルと引きずって告白までして、申し訳ない気持ちだった。しかし、Kさんが口を開いた。
「突き放してなんか・・・ないですよ。でも、ああ言うしかないじゃないですか・・・」

371 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 10:45:30.80 ID:RC9xQVu60
もう、その一言が聞けただけで心は満たされた。不倫がいけない事だとは分かっている。だから結ばれちゃいけないのも分かってる。
それでお互いの気持ちはすれ違ったと思っていた。だけど違った。両思いだった。

「カップルどころか・・・結婚してましたよきっと」「フフフ・・・」"最後"の飲み会がお互いを素直にさせたのだと思う。
そのあとも、俺たちは何度も口づけし合っていた。

気持ちが通じた以上、向こうの考えていることも少し分かってきた。たぶん今は、Hをむしろ待ってくれている。
ただ最後が床の上なのはちょっと避けたい。今の二人なら仕切りなおしても大丈夫だろう。ご破算にはならない。
俺「歯磨いて布団敷きます?」Kさん「うん!」ちゃんと身支度を整えて、それぞれ布団に入った。

373 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 11:04:05.05 ID:RC9xQVu60
普段は豆電球だが、最後ならちゃんとKさんの姿を目に焼き付けておきたくて、俺はサブライトをつけっ放しにしておいた。
ムーディだし、Kさんの姿もよく見える。Kさんもきっと俺の顔をちゃんと見たいはずで、特に嫌がらない。
そして布団の中でちょっと談笑したあと、見つめあい、再び唇を重ねあった。

髪を撫でて、ぎゅっと抱き寄せて。そのあとはじわじわ優しく胸を攻め・・・たかったのだが、やっとHできた気持ちが先走って丁寧にできない。
「ごめん、今日、ちょっと優しくできないかも。乱暴になっちゃうかも」そう言って俺はKさんの胸を揉みしだいてむしゃぶりつく。
でもKさんはむしろ興奮しているようで、その姿を見ているうちに落ち着きを取り戻してきて、いつものじらすようなHスタイルに戻した。

374 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 11:21:08.20 ID:RC9xQVu60
俺は再びKさんの口にキスをし、そのキスを頬っぺたからおでこ、耳、首筋、肩、鎖骨、胸、脇、おへそ、そして往復して上に戻る。
体中にキスするのは俺のスタイルでもあり、アダム徳永や宋美玄のスローセックス本にも載っている。
「・・・そんなにキスしてくれるの?」Kさんが嬉しそうに感じている。やはり女性は喜ぶらしい。「Kさんの体だし当たり前じゃないですか」

愛撫を続けていくが、今日はもう無言で必死になる必要も無い。気持ちは通じ合っているはずだから、会話するようにHしたかった。
俺「・・・可愛い」Kさん「えっ、可愛くないよ」俺「可愛いですって」Kさん「そんなの誰からも言われない・・・可愛くなんかないよぉ」

そしてお互いにパンツのみの状態に。布団の中で肌と肌を密着し合う。俺はKさんを抱き寄せ、手を秘部へ滑り込ませる。
「んっ!ふああっ!ああっ!!」トロトロに濡れているKさんの液をすくい取って、クリを擦る。

375 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 11:34:26.79 ID:RC9xQVu60
さらにパンツを脱がせ、お互いに全裸の状態へ。俺はまた体中にキスをする。Kさんは息を乱れさせながら感じている。
今日ならできるかもしれない。前回は拒まれたクンニ。でも最後になるのならやっぱりKさんの体を全て知っておきたかった。
意を決してキスの部位を股のラインに這わせ、下へ向かう。Kさんは・・・全く抵抗しない。そしてクリにたどり着いた。

俺はクリを重点的に舐め上げた。「はぁあ!!ああっ!んああ!!」更に指も1本入れ、膣とクリの2点攻めにしていく。
クンニも達成できたし、俺の頭にあるのはあとひとつ。イクところが見たかった。
ただ、この2点攻めが女性板でもイキやすいと書かれていたが、Kさんの喘ぎ声のテンションはなかなか上がっていかない。

377 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 12:02:44.74 ID:RC9xQVu60
そうこうしている間にやっぱりKさんのアソコが乾いてくる。「Kさんにイッてほしいけど、どういうのが一番気持ち良いですか?ここ?」
こういうのは無言で必死に攻め続けるより、女性に確認しながらポイントを探った方が良いらしい。しかしKさんの答えは違った。
「えっとね、自分で触るの」Kさん、自分でクリを触り始めた。まあ、普段もひとりHでしかイケないのは知ってたから、驚きはしなかったが。

Kさんが右手を動かす間、俺はKさんを抱き寄せ、胸を触ったり髪を撫でたりキスを続ける。
ただ、そのまま10分ぐらい経った。Kさんの声のトーンは一定のままだ。緊張しているのだろうか?

380 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 12:12:36.34 ID:RC9xQVu60
「焦らなくてもいいですからね」「うん」耳元でささやきつつ、俺は愛撫を続ける。

しかし20分経過。Kさんはいつもイクのに時間がかかるとは言っていたものの・・・。本当にイクのか?
愛撫も疲れ始めてきて不安がよぎった、その時、「あ、イキそう、イク、イクッ、イクッッ・・・!!!」
一定のままだったKさんの吐息が急にテンションを上げ、そのままビクンビクンと体を痙攣させた。そして脱力するように手を広げる。

「・・・イっちゃった。うわっ、びしょ濡れだよ私!」というので触ると本当に大洪水。「ティッシュティッシュ!気持ち悪いよぉ~」
濡れてるのが落ち着かないらしく、焦るようにティッシュでアソコを拭き取るKさん。

381 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 12:14:40.11 ID:RC9xQVu60
俺「いや、俺これから入れるんですから、拭き取らなくたって」Kさん「だって気持ち悪いんだもん~。でも濡れやすいから大丈夫だよ」
俺「まったく・・・こう?」Kさん「あっ!!ダメダメダメ!!」俺「イッたばっかりで敏感?」Kさん「うん、逃げたくなっちゃう(笑)」

そんな会話を続けながらKさんが落ち着く&濡れるのを待つ。俺「俺、イクの遅いですけど、さすがにゴム着けないとまずいですよね」
Kさん「どうだろう。でもこないだ生理終わったし、たぶん危ないのかな」俺「うん、着けますよ。でも痛かったらごめんなさい」
そしてゴムを着けて挿入。が、乾いていて入らない。俺「・・・ほら、拭き取っちゃうから~!(笑)」Kさん「だってぇ~!(笑)」

382 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 12:16:48.55 ID:RC9xQVu60
俺「やっぱりローション使っちゃいます?」Kさん「うん、そうしよっかな」
結局、ローションを取り出し指先に出して、Kさんの膣内と俺の息子に指でなじませる。そして、正常位で挿入した。

「はあんっ!!!入ったぁ」Kさんの声が一気に大きくなり、俺が腰を動かすたびに喘ぎ声が弾ける。
俺は肩を抱くようにKさんに密着し、前後運動を続けていった。
「奥に、当たるよぉ、奥に、奥にぃ!」Kさんの言葉にゾクゾクする俺。
俺「そんなの聞かされたらヤバイですって」Kさん「うん、彼氏さんはこれ言うとすぐイッちゃう(笑)」俺「・・・(苦笑)」まあ、ご愛嬌だ。

383 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 12:20:40.64 ID:RC9xQVu60
Kさん「でもヤバイぐらい濡れてるよぉ、私」Kさんのお尻に手を回すと、イッた時より濡れてシーツにシミができてた。
夢のような時間。しかしせっかくの最後のHだから、俺はとにかくKさんの体を堪能したかった。
腰を動かしながら、髪をかき上げたり、耳を舐めたり、首筋にキスしたり。腰も強く突いたり、優しく擦り付けるように強弱をつけた。

再び唇にキスしたとき、Kさんの舌先が俺の口に割って入ってきた。俺も舌を合わせる。Kさんとのディープキスは初めてだった。
お互いに口を押し付け合って絡ませあうようなネットリじゃなくて、舌先のみを絡ませるような、気を遣いあうような感じ。
でも、この数ヶ月拒まれ続けただけに、Kさんが俺との行為を完全に受け入れてくれている今が本当に嬉しかった。

384 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 12:24:54.33 ID:RC9xQVu60
正常位で攻め続けて数分、そろそろバックに切替えたい。
俺「後ろからしません?」Kさん「私、普段はしないんだよ?背低くて合わないんだ」俺「へえ。でもたぶん大丈夫ですよ」
まずは膝をついた状態のバック開始。俺「どうですか?」K「私、このパンパンって腰が当たる音、興奮しちゃうの」
・・・惜しげもなく普段の性癖を言ってくれるKさん。やっぱり彼氏さんが羨ましいなあ。

しかし俺は膝をついた体勢のバックは苦手で、好きなうつぶせバックに変更。手を繋ぎながら激しく攻める。
Kさん「んああっ!!奥に、奥にすっごい当たるよぉ!!俺くんも当たってるの分かる?」俺「うん。先っちょがコツンコツンって」

386 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 12:40:43.97 ID:RC9xQVu60
Kさん「あああああんっ!!!!!ごめんね、声大きくって私」俺「大丈夫です。リビングなら隣に声聞こえないんで」
喘ぎまくるKさんの背中を見ながら腰を振るうちに、だんだん射精感が高まってきた。
俺「そろそろ出そう。どっちでイキます?」Kさん「どっちでも良いよ?」
俺「Kさんはどっちが良いですか?」Kさん「じゃあ・・・普段しないし、後ろかな?」本当は前が良かったけど、特別感があって嬉しかった。
そして密着したまま一心不乱に腰を動かし、大声で叫び続けるKさん。汗だくになりながら俺はKさんの奥で射精した。

「はぁ~。シャワー浴びたい~。でも脱力~。」ゴムを処理したあと、Kさんが体力を使い果たしたように布団に寝そべった。
俺はその後ろからKさんを抱きかかえ、ゆっくり話し始めた。

387 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 12:42:22.04 ID:RC9xQVu60
話したのは、好きになった経緯や、手紙の内容の真意や、思い出話みたいなもの。最後の夜だから、ゆっくり語りたくなった。
やがて「そう思いません?」とKさんに声をかけるが、返事が無い。「Kさん?」上半身を起こして覗き込むと・・・寝てたw

元々疲れてたんだし仕方ないかって感じで俺は笑いながら、並んで寝るためにKさんをお姫様抱っこで抱えて横にずらす。
その衝撃で「んん?あっ、ごめん私寝ちゃってた?」Kさんが目を覚ました。俺「良いですよ。寝ましょうか」Kさん「シャワーしたい(笑)」
ローションが気になるらしく、二人いっしょにお風呂へ。シャワーを掛け合ったり、風呂場の備品のことを説明してたり。
ずっと友達同士だったが、初めてカップルのように時間を過ごした。そして布団に並んで入り、就寝。

388 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 12:44:58.32 ID:RC9xQVu60
次の日の朝、日差しが顔に当たりお互いに目を覚ます。俺「何回かうなされてましたよ?」Kさん「ウソ!?恥ずかしい・・・」
布団の上でゴロゴロしながら笑い合って話す。気持ちの良い朝だ。でも分かってる。これが最後の朝で、数時間後にはお別れが来る。
起き上がればカウントダウンの開始で、訪れてほしくない時間。二人ともそれは考えていて、次第に会話がなくなっていく。
やがて見つめ合って、またキスをした。

と、数時間しか寝ていないが、下半身は元気になっていた。最後ならもう一回Hがしたい。
横になったまま抱き寄せると、Kさんも手を回してくる。そのまま俺はKさんの体をまさぐり出す。

389 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 12:47:56.86 ID:RC9xQVu60
そしてKさんを仰向けに押し倒して、俺はKさんのパジャマをたくし上げて胸を触りだした。
と、「んん、ダメだよ・・・」ん?Kさんが拒み始める。だが構わずブラも持ち上げて、乳首をひたすら舐め続けたり指先で弾いて愛撫する。
「ん、あっ」とやっぱり感じているのだが、ブラのホックを外すと「ダメダメ・・・」とはにかみながらブラを直そうとする。

どうして拒む??昨日はあんなにHしたのに?隙を見てパンツに手を入れると、やっぱりしっとりと濡れている。
クリを上下に優しく擦るが「んんっ、ダメダメダメ!!」と言って拒む。「Hしたいですけど・・・ダメですか?」単刀直入に聞いた。
「ダメですよ。彼氏さんがいるし。奥さんが可哀想」泥酔した夜と同じ台詞だ。でも、今回は切ない顔じゃなくて微笑んでいる。

390 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 13:05:22.77 ID:RC9xQVu60
これでKさんの気持ちがようやく分かってきた。俺のことを好きでいてくれるはずで、でもだからこそ、俺の妻に気を遣ってくれていたみたいだ。
彼女は彼氏さんを裏切っている罪悪感はもちろんだが、俺だって妻と子どもが大好きだというのを知っていて、その家庭を壊したくなかったのだ。
男はその場の感情や性欲で行動に移してしまうが、それにKさんが応えれば、俺はきっとのめり込んでいく。その先に訪れるのは家庭崩壊だ。
Kさんは酷に気持ちを切替えたんじゃなくて、俺のことを想ってくれていて、だから俺が何もかも失わないように我慢してくれていたのだ。

「・・・ですね。止めておきましょうか」「そうだよ。ほら、ギュッてしよっ!」Kさんから俺に抱きついてきてくれた。
俺は大事に想われていたみたいだ。まあHはしたかったが、彼女の気持ちが分かった今は、安心感が満たしてくれた。

391 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 13:07:03.63 ID:RC9xQVu60
やがて時間も過ぎ、起きようということになって俺はKさんにシャワーを勧め、布団を片付けて朝食の準備。
朝食を食べながら世間話をしたり、俺も顔を洗ったり、その間にKさんが昨日のグラスを洗ってくれて、その横にいって談笑。
そんな普通の時間が過ぎていった。でも時間が過ぎるということは、別れの時間が近づいている。
洗い物が終わったあと、お互いに無言になって、どちらから言うでもなく寄り添って、手を繋ぎ座った。

俺「・・・午後も居てくれて良いんですよ。何か作るし」Kさん「・・・うん。でも、私も部屋のことやらないと」俺「・・・ですよね」
お互い、離れなきゃいけないのは分かってる。でも踏ん切りがつかない。そんな感じだった。

392 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 13:20:37.18 ID:RC9xQVu60
俺は二人の気持ちを答え合わせするかのように、そしてこれまでの日々をまとめるように話し始めた。
「・・・俺、本当に楽しかったし、幸せでした。Kさんのことを好きになっちゃったのも、全く後悔してないです」
Kさんは全てに頷いてくれている。気持ちは同じのようだ。
「でも分かってます。お互いの一番大事な人は別々に居て、俺は妻、Kさんは彼氏さん。それは見失ってないです。
だけど俺は、同じぐらいKさんが好き。・・・そういうことってあるんですね」
ゆっくりと語る俺に、そっと頷いてくれるKさん。

393 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 13:27:56.12 ID:RC9xQVu60
「だけど俺は既婚者。Kさんを幸せにはできないから、だから彼氏さんに託します」半分は強がりだが、お互いのためなら間違いない答えだ。
「ありがとう・・・。でも、あの人いつになったら結婚してくれるんだろ。ははは・・・」「ですよね。ははは・・・」
俺たちは微笑みあった。そしてそのまま、唇を重ねあった。

「頑張ってくださいね。応援してますから」「うん・・・」「メール、ときどきしますから」「うん・・・」
Kさんがまた俯いて、うんしか言えなくなる。それを見て抱き寄せて、またキスをする。またキスをする。
区切りをつけて別れないといけない。でも永遠に別れるとなると、さよならができない。キスとキスの間隔がどんどん短くなっていった。

394 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 13:31:30.61 ID:RC9xQVu60
お互い気持ちは一緒だったと思う。自分たちは区切りをつけた。お互い一番好きな人は別にいる。でも・・・離れたくない。
キスだけがどんどん増えていく。両思いだと知った以上、離れるのがお互いの為。でも、どうしようもなかった。

もう、これしかなかった。「・・・次会う約束、しましょうか。遊びにきますから」「・・・うん」

これだけは本当に二人の弱さだ。再会の約束をして、寂しさを消すしかなかった。
でも、過ちを繰り返す意味じゃない。再会までの時間がお互いを洗い流してくれるのは想像できたから。

395 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 13:34:38.61 ID:RC9xQVu60
そしてようやく出発の決心がついた。座る前からとっくに身支度のできていたKさんの荷物を、ようやく手にする。
「車まで運びますよ」「あ、いいよ玄関先で」「持っていかせて下さいよ。じゃないと、扉閉めた瞬間に泣き崩れるから」「あはは・・・」

そうして俺が先導して玄関先へ。最後に振り返って、Kさんの頭を引き寄せてキス。
「・・・ありがとう」Kさんが俺の胸にうずくまる。「・・・頑張れ」俺はKさんの頭を撫でる。

そしてKさんは車に乗り込み、運転席のドアを持ったまま見つめあう。「・・・お元気で」「うん・・・俺くんもね」お互い涙目だ。
Kさんはドアを閉め、走り出した。俺はいけるところまで付き添いながら手を振る。Kさんの車が見えなくなるまで見送った。

396 26 ◆j2ouwJSK02 [sage] 2013/05/25(土) 13:37:51.71 ID:RC9xQVu60
以上が全てです。数ヵ月後に会う約束はしていますが、それはもうここには書きません。友達として会うだけなので。
お互いに今ある関係を壊しちゃいけないのは分かっているし、Kさんとの約束や気持ちを踏みにじりたくはないので。

録画していたラストシンデレラを見ましたが、内容がタイムリーすぎて怖かった。
ドラマとはいえ、バレて家庭崩壊するのって、二人だけじゃなくてその家族、その友達関係、全部なんだなって。
Kさんがブレーキをかけてくれて、本当に助かったと思ってます。
長々と書きましてすいませんが、思い出を書き残させてもらってありがとうございました。意見や支援をくれた方もありがとうございました。

[妹との近親相姦体験談] 妹とお風呂で

628 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/03/12(金) 15:29:02 ID:yhIi5ffr0
お前等

が逆に快楽を求めるようになったことはあるか?
俺が始め手を出したのは中学3年では小学6年だった

寝ているの部屋に入り、指でマムコ周辺をゆっくり撫で続けていたら
始めは嫌がっていたが徐々に足を開いてきたので・・・
その後、いやいやをするに何度か迫っては関係は続けていたんだ。
でも、断っておくが挿入はしていない。だからこそ続いたんだろうと思う。

しかしが、高校になると俺は就職で九州に行くことになり
その関係は終わった・・・かに見えた。


630 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/03/12(金) 15:40:01 ID:yhIi5ffr0
年末に帰ってきた時、お盆に帰らなかったので約一年
ぶりにと会ったわけだけど、「帰ってたの」くらいなドライ
な感じだったわけ。で深夜近くまで年末の番組見てたら
風呂上りの妹と居間であっちゃって、一瞬ドキッとした俺は
テーブル上の飲みかけのお茶こぼしてしまった。

んで、妹がいそいで台拭きで吹いてくれたんだけど
その際にパジャマから胸元が見えてムスコがおっきした分けよ

ほんで、その後風呂に入った俺は悶々として
アイツ風呂に入ってきたりしねぇかな?とか馬鹿なこと
考えていたけど結局当然こなくてみんな寝静まっていたから
俺も寝ることにしたんだ。

そして多分、一時ごろだったと思う電話がけたたましく鳴った


631 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/03/12(金) 15:50:43 ID:yhIi5ffr0
父「ちょっと、様子見てくる」
母「鍵は締めてていいから」

近くに住んでる親戚のおじさんおばさんがが大喧嘩して、
片方が血を流して救急車呼んだという話だった
その親戚夫婦は子供がおらず60過ぎでよくいざこざを
起こしていたので俺の父親が出向くことがよくあった。
しかし深夜は初めてだったので心配だったが程なくして
救急車が到着し、揃って病院に行って説明してくるから今日は
もう帰らないと電話がありとりあえず安心した俺は二階に上がった

完全に目がさめた俺は、PCを起動しエロ動画集めを開始したわけだ
妹も寝てたし、祖父母は早くに寝静まってるし


632 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/03/12(金) 16:04:35 ID:yhIi5ffr0
シコシコやってた俺の背後でドア越しに声がしたんだ
「ねぇ、兄ちゃん起きてる?今の音救急車?」

俺は急いでPCをスリープにし、妹を部屋にいれると事情を説明した
「ふぅん・・・。じゃ朝までお母さん達帰ってこないんだ」
寝起きの為か、虚ろな感じの妹を見てさっき目にした胸元が思い出され
妹の肩に手を回しゆったりとベッドに押し倒して首筋に吸い付いた
抵抗されるかな?とか瞬時に思ったけど反応は意外で
妹「くすぐったい・・・(笑)」
それを聞いた時俺は、何故か自分のしていることに背徳感?とか
を感じて怖くなってしまい。起き上がり、ごめんと謝り一言

「もう寝ろよ」
といった。でも起き上がった妹がしてきたのはさらに意外な行動だった


635 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/03/12(金) 16:22:01 ID:yhIi5ffr0
妹は俺のパジャマに手を入れるとムスコにじかに触り、
無言で体を擦り付けてきた、すごく甘い匂いがして
俺のムスコはギンギンになっていた。
「・・・お風呂で、しよ?・・・」
妹に一言で理性とか粉砕し、俺達は音を立てないように
風呂場まで行き一緒に裸になって入った。

湯船の水は俺がはいったとき入れた奴なので少しぬるくなっていたが
逆に密着した妹の体温を感じることが出来興奮を高めれた


636 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/03/12(金) 16:27:02 ID:yhIi5ffr0
体に当たる妹の胸は心地よく、乳首を口に含むと妹が
「・・・おいしい?」
と聞いて来た。もちろん肯定した
俺はゆっくり立ち上がると、パイズリを頼んだ。すると
妹は決して小さくない胸でムスコを包んでくれた。
風呂場に、にちゃにちゃという音が響いた
妹は、俺の顔を見上げはしたものの何も言わなかった
しかし、その眼は
「 気 持 ち い い で し ょ ? 」
と訴えていた。マシュマロのようなどと表現されるが
ぶっちゃけそんなモンじゃない柔らかさと圧力で俺のムスコは
限界を迎え、そして射精した。


637 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/03/12(金) 16:38:56 ID:yhIi5ffr0
射精した後、妹のマンコをなめ二回ほど妹がイッた所で
二人とも暗黙の了解で挿入した。ゴムはつけていなかった
バスタブの中で、ちょうど騎乗位の格好だった。
家に誰もいないといっても深夜なので声を出さないようにしていたが
初めての妹は破瓜の痛みに苦痛の表情をし、俺も鮮血を見て血の気が引いた
俺は挿入したままじっとしていたが変化はすぐに訪れた。
妹「あ・・・あぁっ・・・つ・・・気持ち・・・よくなってきた」
俺自身も、膣の中の湿りが多くなったのを感じると同時に
吸い付くような搾り取られるような膣内部の組織に身を振るわせた


639 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/03/12(金) 16:54:01 ID:yhIi5ffr0
「はぁあっ・・・んんぅ・・・」
くぐもった声を出す妹が余りにも可愛く、俺のムスコは
先ほど出したばかりなのにもう発射直前だった。
しかし、少しでも今の快感を長続きさせる為にじっとしていると
不意に妹の腰が動いた。悩ましいというには稚拙な動きかもしれないが
上下する妹の腰つきに俺はあっけなく射精した。


640 名前: お付き合いありがとう [sage] 投稿日: 2010/03/12(金) 16:55:28 ID:yhIi5ffr0
漫画とかじゃタイミングよく盛大に女性がイクが

妹「え、あっちょっまって・・・」
俺「・・・」
妹「・・・中で出した?」
俺「すまん(泣)」
妹「ううん。今日は多分大丈夫だと思う。多分」

こんな感じになりその夜は終わった。

その後、何事もなく年越し・正月と過ぎ俺はまた勤務先に
戻った俺は思う。今年はお盆に帰ろう。と
[ 2016/01/05 21:45 ] 妹とのH体験談 | TB(0) | CM(0)
体験談募集中
皆様からの体験談を募集中


QRコード
スマートフォンからもご覧頂けます。

QR
プロフィール

Author:極萌え

<サイトの主旨>

------------------
当ブログは管理人が厳選して収集した情報を掲載しています。
------------------
当サイトに来られた方々に満足して頂ける内容をお届けします。
------------------
当サイトは、アダルトコンテンツを含んでいる為、18歳未満の方の閲覧及びリンク先へのアクセスを禁止致します。
------------------
当サイトからのリンク先への内容については、一切関知致しません。
------------------
当サイトに掲載している物で万が一、不適切な物がありましたら御連絡下さい。
------------------
当サイトに掲載されている画像や記事は、著作権その他の侵害を目的とするものではありません。
何か問題がありましたら御連絡下さい。
------------------

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
詳細はこちらから
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

------------------


<サイト管理人様へ>

------------------
当サイトは、ワンクリ広告を受け付けておりません。
ワンクリ関係を掲載されたサイト様はご登録をご遠慮下さい。
------------------

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
相互リンクの詳細はこちらから
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

極萌えメニュー
twitter
アクセスランキング
人気ページ
おすすめ

つぶやき
極萌え 最新記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。